【奈良県】自然と共生しながら1300年以上♡シカを眺めながら宿泊・・!?「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」

旅行・おでかけ

奈良公園南端に位置する荒池の畔の、ユネスコ世界遺産の興福寺五重塔と春日山原始林を臨む地に、2021年9月にオープン!!奈良の美しい山麓や鹿を臨む場所(美(ミ)+鹿(ロク)、麓(ロク) )を取った名前になっているみたいです♡

⇒ [関連記事]国内で月1回以上ホテルステイしている、編集長おすすめホテル6選

「MIROKU 奈良」

築31年(1990年築)の地下1階地上4階建てのビルをリノベーションをして誕生◎施設名称は、奈良の美しい山麓や鹿を臨む場所(美(ミ)+鹿(ロク)、麓(ロク) )、未来の世に人々を救済するとされる弥勒(ミロク)菩薩(ボサツ)に由来し、本施設が今後取り組んでいく奈良の未来づくりへの姿勢や思いが込められています!!かつて遣隋使によってもたらされたシルクロードのさまざまな文化や、自然と共生しながら1300年以上の歴史を刻んできたこの地ならではの宿泊を提供します!

⇒ [関連記事]国内で月1回以上ホテルステイしている、編集長おすすめホテル6選

空間

インテリアデザインには、「正直なデザイン」と表したデザインを手がける芦沢啓治建築設計事務所と、奈良県出身で数寄屋大工としての経験を活かし、美術家としても活躍する佐野文彦氏率いるFumihiko Sano Studioを迎え、2つの異なる趣きの空間を設えました。芦沢啓治建築設計事務所は、自身が関わる家具ブランド「Karimoku Case Study」や「石巻工房」の家具を取り入れながら、普遍的で美しい和の空間に仕上げました。Fumihiko Sano Studioは、奈良の素材を大胆に配した「はじまりの地」奈良に相応しいプリミティブな魅力が感じられる空間デザインを手がけたほか、エントランスのランドスケープも担当しています。また施設内には、奈良を拠点とする「NEW LIGHT POTTERY l ニューライトポタリー」の照明器具や「sonihouse l ソニハウス」のスピーカーをはじめ、吉野杉、飛鳥石、宇陀和紙といったアイテムや素材を随所に採用。空間を通して、奈良の自然やクラフトマンシップをご体感いただけます。

客室

客室はクイーンベッドルームから、ファミリーやグループ利用にも対応できる最大4名定員の部屋まで、多様なニーズに応える全7タイプ44室をご用意しています。地上階は、芦沢啓治建築設計事務所がデザインした普遍的で洗練された和のインテリアに仕上げ、窓からは興福寺五重塔や春日山原始林、若草山、荒池が臨める客室。地下階は、Fumihiko Sano Studioが吉野杉の丸太を大胆に用い、ドライエリアには吉野の山肌を景色として再現した客室 “The Roots of Nara” を設えました。

価格

Junior Suite[3室・最大4名・57平米]:¥37,500
Superior with Mt.KASUGA View[3室・最大4名・36平米]:¥25,000
Superior[9室・最大4名・32~34平米]:¥23,000
“The Roots of Nara”(Superior)[5室・最大4名・35~37平米]:¥23,000
Moderate[8室・最大4名・26~27平米]:¥19,000
Moderate Loft[6室・最大4名・26平米]:¥18,000
Stndard Queen[10室・最大2名・17~19平米]
¥12,000
※料金は季節や曜日により変動します

環境への配慮

千年以上守り継がれる春日山原始林を近くに臨む当施設では、これまでのTHE SHARE HOTELS各店同様、リノベーションにより、新築に比べCO2の排出量や廃棄物を大幅に削減しているほか、今回新たに再生可能エネルギーを電力として導入します。同時に、既存建物のサッシ部分に新たに断熱性の高い障子を設置し、省エネルギー化等を実現。プラスチック削減に配慮したアメニティやオーガニックアメニティも採用するなど、環境をはじめ持続可能な社会への継続的な取り組みも行なっていきます!

⇒ [関連記事]国内で月1回以上ホテルステイしている、編集長おすすめホテル6選

ACCESS

MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS (ミロク ナラ バイ ザ シェア ホテルズ)
開業日:2021年9月16日(木)
※宿泊予約開始日:2021年7月15日(木)
所在地:奈良県奈良市高畑町1116-6(近鉄奈良駅 徒歩10分)
客室数:44室(定員:156名)

0

コメント

旅行・おでかけ
MASHUP(マッシュアップ)