【三重県】忍者のまち伊賀◎「NIPPONIA HOTEL 伊賀上野 城下町」OPEN♡

旅行・おでかけ

こんなところに泊まれるの!?歴史的な邸宅や町家を改修した分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 伊賀上野 城下町」に「旧福森邸」を使用した全4室ある新たな宿泊棟「MITAKE」を2021年5月1日(土)にオープンしたそうです!あー泊まってみたい!!!!

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡

NIPPONIA HOTEL 伊賀上野城下町

三重県伊賀市の中心市街地、伊賀上野城の旧城下町エリアには、江戸時代につくられた町割りに江戸、明治、大正、昭和の 様々な時代の歴史的建築物が多数残り、その希少性から「伊賀上野城下町の文化的景観」はICOMOSによる『日本の20世紀 遺産20選 』に選定されています!しかし近年では人口減少による空き家の増加、中心市街地の空洞化が急速に進み、城下町を形成する古民家などの歴史的建築物の多くが活用されず遊休化しています♡ そのような背景を受け、バリューマネジメントが取り組んで誕生したのが城下町に分散する歴史的建造物や古民家を改修し、 まち全体がホテルという構想で展開する分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 伊賀上野 城下町」です。

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡

昔ながらの

外観は、鍔型の虫籠窓がある2階建てで明治初期に建てられ、当時木材屋を営み、平成に入り伊賀上 野城下町の歴史的建築物の保存継承を目的とした町家未来センターを民間が設立し、市が空き家対策に取り組み、歴史的 建築物の保存と利活用を開始したことで、町家未来センターを廃止、今回株式会社 NOTE 伊賀上野が空き家対策総合支援事業を受け整備し、バリューマネジメント株式会社が運営します。

各部屋は外観・梁など歴史ある佇まいはそのままに、水回りやベッドなど宿泊に必要な機能を整備し、昔ながらの趣とモダンかつ高品質な空間を融合した上質な施設となっています!また、今の時代に適したニューノーマルな旅において、ソーシャルディスタンス、三密回避の旅をお楽しみいただける様、小規模分散型ホテルとして安心安全の滞在をご提案♪当ホテルのグループブランド「VMG HOTELS & UNIQUE VENUES」は”まだ⾒ぬ時と出会う場所”をコンセプトに、地域に息づく歴史や⽂化に触れる体験と、究極の個別化されたおもてなしの提供により、⼼の豊かさに気づける機会の提供を⽬指します!

■料金
・素泊まり料金 2名1室 25,410円程度
・1泊2食付き 2名1室 43,560​円程度
※料金は1名あたりの金額です。
※利用人数、時期などに応じて変動します。
※1室あたり最大4名までご宿泊いただけます。

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡

ACCESS

NIPPONIA HOTEL 伊賀上野城下町「MITAKE棟」(旧福森邸)
住所:三重県伊賀市上野幸坂町3560
TEL:0120-210-289

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

訳あり伊勢海老 (活〆冷凍)
価格:7538円(税込、送料無料) (2021/5/6時点)


https://www.vmg-igaueno.com/
0

コメント

旅行・おでかけ
MASHUP(マッシュアップ)