【魅力度ランキング最下位】の○○県にある「死ぬまでに一度は見たい絶景」とは!?

旅行・おでかけ

お花がきれいな季節になってきましたね♪「死ぬまでに見たい絶景」として世界的にも有名になった一面真っ青なネモフィラの丘。実は魅力度最下位常連の茨城県にあるって知っていましたか!?もう最下位とは言わせない!茨城生まれの筆者が茨城県の絶景とグルメをどどんとご紹介します!

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡

国営ひたち海浜公園で青の絶景を♡

ネモフィラを一躍有名にしたのが国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」ではないでしょうか。

最近ではネモフィラを話題にしている観光地がいくつもありますが、ここまでの人気になったきっかけはひたち海浜公園のこの絶景だと言ってもいいでしょう。

丘の一面に咲くネモフィラを見ながらお散歩気分で頂上を目指しましょう。歩道はきれいに舗装されているのでヒールでも大丈夫ですよ!

世界的にも有名な観光地になったこともあり休日だとやはり人は多いのですが、みんなセルフィーやワンちゃんの写真を撮ったりしながら思い思いに楽しんでいます。きれいな花に囲まれているせいか混雑していても不思議と穏やかな空気が流れている気がします。

丘の上からは海が見渡せるので晴れた日はネモフィラと海と空の青い絶景ハーモニーを見ることができて感動間違いなしですよ♡

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡

ネモフィラ色のソフトクリームでますますフォトジェニックな写真が撮れちゃいます♪

気になるお味はネモフィラ味!…ではなくラムネ味でした(笑)。

▪️Flowering 2021(国営ひたち海浜公園)

【開催期間】4月1日(木)〜5月30日(日)

【料金】大人:700円(イベント期間中)

【開園時間】9:30〜17:00

【公式HP】https://hitachikaihin.jp

「那珂湊おさかな市場」の食べ歩きが楽しい♪

国営ひたち海浜公園から車で20分ほどのところにある「那珂湊おさかな市場」は海のすぐ隣にある活気あふれる市場です。一般の人も買い物ができるので観光客だけでなく近所の人が普通におかずを買っているような地域密着の雰囲気ですよ。

せっかく海辺の町に来たのだから新鮮な海の幸を堪能しましょう♡

食べる直前に漁師さんが殻を剥いてくれる「殻付き牡蠣」は1個200円、2個で300円という驚きの安さ!大きくてぷりぷりの生牡蠣をちゅるんと食べる幸せ感半端ないです♡♡

甲羅入りのカニも人気です。 蟹味噌も入っていて贅沢な味わいでした♪

(※コロナウイルスの影響により商品や飲食スペースが変更になっている可能性があります。)

食べ歩きだけでなくお寿司や定食屋さんも10店舗以上あるので「もっとガッツリ魚介が食べたい!」という人も満足できるはず♪ 生モノが苦手な人にはカキフライやジャンボ海老フライなどもおすすめですよ。

▪️那珂湊おさかな市場

【営業時間】平日9:00〜17:00/土日8:00〜18:00

【公式HP】http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp

茨城へのプチ旅行が大正解だった♪

茨城県の魅力が少しでも伝わったでしょうか?今回は海沿いの県央エリアを中心にお届けしました。

東京からもアクセスがしやすく日帰りでも楽しむことができちゃいます♪

次の週末のプチ旅行にいかがでしょうか?

⇒ [関連記事]全国おすすめホテル特集&おうちで美味しいお取り寄せ♡
1+

コメント

旅行・おでかけ
MASHUP(マッシュアップ)