【わんこそばチャレンジ!】岩手名物”わんこそば”が食べれるお店は横浜にあった!

旅行・おでかけ

人生で一度はチャレンジしてみたい!岩手名物《わんこそば》
東北出身の私でも食べたことは今まで一度もない。
そこへ横浜・東白楽でわんこそば食べれる。という情報を耳にし、関東で唯一わんこそばが食べれる”たち花”へ早速お邪魔してきました!

今回は、お店の詳細とわんこそばを食べる時のルールやコツをまとめてご紹介します✨

わんこそば たち花(たちばな)

関東圏で唯一わんこそば食べれるお店が横浜・東白楽にある”たち花”。
人気店なのでお昼時は並ぶ可能性あり◎
行く際は予約した方が無難。(4人以上の場合は予約必須)

今回予約なしで2時に訪れましたが待ち1組でした。
また、わんこそば以外に蕎麦やうどんをはじめ、各種定食やお料理など、豊富なメニューが揃えられているので大食い無理な方ご安心ください!

♢わんこそば食べ放題(時間無制限)
大人  2,950円
小学生 2,600円
幼児  1,475円

初のわんこそばチャレンジ🚩

たち花の最高記録は705杯!
女性・小学生(80杯以上)、男性(100杯以上)お召し上がりの方には賞品がもらえます✨
「歴代記録ノート」が用意されているので達成した人はぜひ記録を残してみてください♩

スタート前のセットは写真の通り。
左の器に薬味が入っており、右手にはちょっとした付け合わせが用意されてあります。
奥の空の器は、わんこそばの汁を捨てるためのものです!

食べる時のルール▽

おはじきでカウント
 前もっておはじきが用意されるので、5杯食べるごとにおはじきを置いてカウントしていきましょう。話したい人は5杯食べておはじき置いてから!出ないと食べた杯数忘れます(笑)

お椀に蓋をして終了
 お腹いっぱいになったら自分のおわんに蓋をしましょう。(終了の合図
 蓋を閉め忘れると、お蕎麦がすかさず入れられるので気をつけてください😂

食べる時のコツ▽

①薬味をうまく使う!
 ずっと食べていると飽きてくるので味変して食べつづけることをオススメします◎

②汁を飲まない!
 おそばは味付けの汁と一緒に器に入れられます。汁を飲んでしまうと早く満腹になるので注意🚨

③テンポよく食べる!
 ゆっくり食べたい方もいるかもしれませんが、ここはスピーディーに食べるのが肝です。
 テンポ良く食べることで杯数あげることができます!

実食!

はい、じゃんじゃん」「はい、どんどん」の掛け声とともにテンポ良く食べることができました✨
結果▽
私 :63杯
友達:80杯

きりの良い65杯で終わらせた方のですが、歩けないほど限界だったのでギブアップしました😂
友達は賞品として岩手にちなんだ”お守り”をもらっていました!

80杯を目標にしていましたが50杯目からがしんどいです💦
ちなみにわんこそば15杯で約1人前の量なのだそう。そう思ば結構食べれたなと関心。(笑)

ぜひ興味のある方はチャレンジしてみてください♩

アドレス

📍神奈川県横浜市神奈川区白楽5-13
営業時間:11時30分~21時00分
電話番号:045-431-9445
定休日:無休
東急東横線: 東白楽徒歩1分

岩手の名物わんこそばを横浜で!わんこそばたち花
0

コメント

旅行・おでかけ
MASHUP(マッシュアップ)