旅行中の荷物まだ持ち運んでる?日本全国に展開するecbo cloakに預けて快適な旅を!

旅行・おでかけ

ecbo株式会社が運営する、荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」が、この度対応エリアが全47都道府県で利用可能になりました!!
これで、日本全国どこでも身軽にお出かけが楽しめちゃいます♩

47都道府県へ導入されたecbo cloak

ecbo cloakは、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ荷物預かりサービスです!アプリからの事前予約で店舗や施設に確実に荷物を預けることができるんです👀2017年1月に東京エリアでローンチし、主要都市や観光地など需要のあるエリアを中心に展開を進め、この度全47都道府県で利用可能となりました🎉

サービスローンチ当初より外国人観光客の間で認知が広がり、スーツケース等の旅行荷物を預ける外国人の利用が多い中、最近では日本人の日常利用も大幅に増えており、コインロッカーに入らない大型の荷物(ベビーカー、楽器、スポーツ用品など)を預けたいというニーズにも応えているようです!
荷物があって行きたいところを諦めることも多々あるのでこういったサービスを利用できるのは嬉しいですね!

ecbo cloakの使い方

実際にアプリ起動してみた📱

位置情報サービスをONにして、預けたい場所を探します!
そうすると、キャリーケースのロゴが沢山出て来ます👀
濃い色のロゴマークは、予約できますが、薄い色のロゴマークは既に荷物の予約が入っているので他を探しましょう!

後は、上の画像の通りです!
コインロッカーの様に行ってみたら満杯で預けられなかった!なんてよくあるのでとても便利なサービスですね😄
これで、旅行中のストレスも無くなります!!

.

.

.

.

コインロッカーの歴史とecbo cloakの誕生について

荷物を預ける場所として、これまで一番身近な存在だったのはコインロッカー!

それから55年経ち、2020年に東京五輪の開催を控えた今、コインロッカーの形態は当時とさほど変わっていません😭
訪日観光客の増加と荷物の預かり需要の増加に伴いコインロッカーだけでは供給が追いつかず、荷物を預けられずに困る人は1日に17.6万人にも及んでいるんです。

ecbo cloakは、2016年8月に代表の工藤が渋谷で、訪日外国人に「スーツケースの入るコインロッカーを探している」と相談を受けて一緒に40分も探したが見つからず、このスマホの時代になんて非効率的なことが起きているんだろう、と課題を感じたことからecbo cloakが始まりました!

【ecbo株式会社】

ecboは「モノの所有を、自由に。」のミッションのもと「必要なモノを、必要な場所で、必要なタイミングで利用できる世界」を創っていきます。
会社ページ:https://ecbo.io
オウンドメディア:https://ecbonist.ecbo.io/
主な事業:店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」の運営、オウンドメディア「ecbonist」の運営。

終わりに📝

重い荷物持ちながら電車に乗ったり、階段登ったり、コインロッカーは空いているかわからないし、、、楽しい旅行のはずなのにいつの間にかストレスになっていたりしますよね😭
そんな時に、ecbo cloakを使えたらこのストレスから解放されます!
使ってみる価値はかなりあります!みなさんも是非、ecbo cloakを使って旅を快適にしましょう〜!

0

コメント