ネイルを早く乾かす方法8選!セルフネイルのあのイライラともおさらば♡

コスメ・美容

指先を彩る華やかなネイル♡キレイな指先を見ているとうっとりしますよね。
最近ではセルフネイルグッズがたくさん発売されており、自宅でセルフネイルをする人も増えてきました。
セルフネイルの悩みと言えば、乾いていると思っていたら乾いていなくてネイルがヨレてしまったり指紋がついてしまったりすることではないでしょうか。
「せっかくキレイに塗れたのに...」と悲しくなりますよね。
そこでこの記事ではネイルを早く乾かす方法を紹介します。
ストレスフリーのセルフネイルを楽しみましょう。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

ネイルを早く乾かすには“マニキュア”選びが重要

マニキュアを選ぶとき、どのようなところを決め手にしていますか。
カラーや値段、デザイン性。

実はマニキュア選びの段階で、早く乾かせるかどうかはほとんど決まってしまいます
せっかく買うなら早く乾いてくれて、使い心地の良いものが欲しいですよね。

ここでは速乾性◎なマニキュアを紹介します。

速乾と明記されているもの

確実に早く乾くマニキュアが欲しいなら、パッケージに「速乾」と明記されているものを選ぶと安心ですよ。
ここでは速乾性が高いと有名なマニキュアを2つ紹介します。

OPI(オーピーアイ)

ネイルサロンでも使用されているプロご用達のマニュキア。
ジェルネイルのようなツヤと発色が特徴です。

通常のマニキュアは乾くまでに約30分かかってしまいます。
OPIは約5分で表面が乾く速乾性抜群のマニキュアです。

カラーバリエーションは300種類以上。
好みのカラーを見つけて、時短でキレイなネイルができちゃいますよ♡

Genish Manicure(ジーニッシュ マニュキア)

「速乾、ツヤ、持続力」の実現をうたったマニキュアです。
なんと60秒で乾くという超速乾タイプ。
セルフネイルに時間をかけられない主婦の方、忙しいOLさん、ネイルが乾くまでじっとしていられない方におすすめですよ。

薄いカラーのもの

選ぶ色によって乾く速さが変わります。

水っぽいサラサラした薄い色は乾きやすく、パキッとした原色などマニキュア自体が固まりやすい色は乾きにくいです。

薄いカラーが豊富で、乾きやすいネイルを紹介します。

uka(ウカ)

美容液成分配合で爪を労わりながら美しい彩りも楽しめるukaの「カラーベースコートゼロ」。
ベースコートとして他のマニキュアと合わせて使うこともできます。
個人的にはこれ1本でシアーな発色に仕上げた方が可愛くて好きです。

薄いカラーなのにムラがなく塗れるのもうれしいポイント。
1度塗り、2度塗り共に速乾性が高く、1度塗りでは5分2度塗りでは10分程置くと乾きます。

D‐UP(ディーアップ)

自爪をキレイに見せると人気の「ネイルファンデーション」。
爪の色ムラや黄ばみをしっかりカバーし、ワントーン明るい健康的な爪に仕上げてくれます。
Ukaと同様ベースコートとしても使えるタイプです。

かなり薄付なので塗って1分あればほとんど乾いている印象。
いつも念のため5分置いていますが、この時間でヨレたことはありませんよ。

塗る前のプチ裏技でネイルが早く乾く!

ネイルを塗るときに、いきなりマニキュアを塗り始めていませんか。
実はマニキュアを塗る前に一工夫をすることでネイルが早く乾くようになるのです。
ここではマニキュアを塗る前の工夫や正しい塗り方を紹介します。

マニキュアを冷蔵庫で冷やす

マニキュアは「外気と体温に温度差があるほど早く乾く」という性質があります。この性質を利用して、塗る前に30分~1時間くらい冷蔵庫の中で冷やしておくと、速乾性が高まります。

また、マニキュアは冷やすことで伸びが良くなり塗りやすくなるという効果も。
塗りやすくなることで厚塗りを防ぐことができ、キレイに仕上げることができますよ。

爪の温度を調節する

先ほど説明したマニキュアの「外気と体温に温度差があるほど早く乾く」という性質を利用するもう一つの方法です。

夏場であれば氷水に指を入れたり、保冷材に当てたりして冷やし、冬場であればドライヤーの温風を当てるなどして温度調節します
季節に合わせて事前に温度調節することで速乾を叶えましょう。

薄く塗り重ねる

ついついムラになるからとたっぷりの液をつけてはいませんか。
マニキュアは液をたくさん使えば使うほど乾きにくくなってしまいます。

一度塗りでムラになってしまったら、再び薄く重ねていけばムラはなくなるので、できるだけ薄く塗ることを意識しましょう。
ボトルの口で量を調節し、真ん中、両サイドの順でサッと塗ってしまうのがいいですよ。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

お家にあるモノでネイルを早く乾かす

ネイルを早く乾かすには、マニキュアを塗る前の工夫だけで十分なのでしょうか。塗る前の準備だけだと不安だと思う方も多いはずです。
そこでここではお家であるもので今すぐ簡単にできる、ネイルを早く乾かす3つの方法を紹介します。

爪を氷水で冷やす

マニキュアを塗ったあと、3分ほど待って少し乾いてきたところで氷水に爪を浸すとネイルの乾きが早くなります

そんなことをしたらせっかく塗ったマニキュアがとれてしまうのではないかと不安になる方もいるかもしれません。

しかし、意外にもとれたりしないので安心してください。
ただし氷水に長い間浸けてしまうと、マニキュアによってはヨレてしまうものもあるので長くても3分くらいまでにしましょう。

ドライヤーの冷風で乾かす

マニキュアを塗ったあと、ドライヤーの冷風を当てて乾燥させる方法。
冷風を当てる時間は10分程を目安にしましょう。
この方法で注意しなければならないことが2つあります。

1.ドライヤーをあてるときに、乾ききっていないマニキュアをぶつけてしまったり、触ってしまったりしないこと
2.風圧が強くてヨレてしまわないように爪とドライヤーの距離を調整すること


爪とドライヤーの距離は3~5cmくらい離すといいです。
風量が強いドライヤーは8センチほど離すと安心ですよ。

オリーブオイルを塗る

「えっオリーブオイル?」と目を疑った方もいるかと思います。

オリーブオイルにはマニキュアの揮発作用を促進する成分が含まれているため、マニキュアを早く乾かすことができるのです。

塗り方はマニキュアを塗ったあとに、マニキュアと同じようにハケを使ってオリーブオイルを塗っていくだけです。
化粧用のオリーブオイルもありますが、食用のオリーブオイルで十分対応できますよ。

ネイルを早く乾かすアイテムを使用する

ここまでたくさんの方法をお伝えしましたが、「もっと手っ取り早い方法を!」と感じた方もいらっしゃいますよね。
最近はセルフネイルがとても人気になり、便利なアイテムが登場しました。
ここでは効果抜群のアイテムを2つ紹介します。

速乾スプレー

ひと吹きするだけですぐに乾く速乾スプレーを使えば、乾ききる前に触ってしまってヨレる心配もありません
すぐに乾かして指を動かしたい人には必需品ですよね。

使い方は爪から10cmほど離してシューッとひと吹きするだけです。
厚塗りしたマニキュアにはあまり効果が出ないので薄く塗ることも大切ですよ。

ネイル乾燥機

ネイルを早く乾かす最も効果的な方法がネイル乾燥機を使うことです。

優しい風で素早くネイルを乾かしてくれますよ。
乾燥機に乾かしてもらっている間は、スマホを触るなど他事ができないので、ネイルがヨレる心配もありません。

お金はかかりますが、中には安くて効果的な商品もあるので買ってみる価値はありますよ。

セルフネイルもこれで失敗知らず♡

ネイルを早く乾かす方法を紹介しました。
たくさんの方法があったので、誰でもすぐに試せそうですよね。
これでセルフネイルのあのイライラともおさらばです♡
気分の上がるセルフネイルを楽しみましょうね。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント

コスメ・美容
MASHUP(マッシュアップ)