おでこが狭い人必見!似合う”前髪”はこれだ♡上手な切り方も伝授

コスメ・美容

おでこが狭い人の悩みとしてよく挙げられるのが、前髪!
せっかく前髪を作っても何となく重く見えたり、すぐ伸びて顔にかかってしまったりと、理想通りのヘアスタイルが維持できない場合もあるはず。
もしかすると「私のおでこは狭いから前髪は似合わない」と、前髪を作ること自体諦めている人もいるのでは?
安心してください!実はおでこが狭い人でも似合う前髪はあるのです。
今回はおでこが狭い人におすすめの前髪をご紹介!
上手な切り方についても伝授します♡

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

おでこの狭さは前髪で可愛くカバー♡

おでこの狭さをコンプレックスに感じている人のなかには、わざと前髪でおでこ全体を隠したり、面倒だからと伸ばしたまま耳にかけたりしている人も多いかもしれません。

しかし実はそれ、かえっておでこの狭さを強調してしまうだけ!
「おでこが狭いから前髪は似合わない」なんてことはなく、おでこが狭い人ほど、前髪が重要になってくるのです。

おでこが狭い人は自分に似合う前髪の切り方やセットの仕方を意識するだけで、見た目の印象も大きく変わります。
コンプレックスであるおでこの狭さも、途端にチャームポイントに早変わりしますよ♡

おでこが狭いの定義って?

おでこの狭い・広いの定義は、一般的に指3本分(約5~6cm)だと言われています。
額の生え際から眉までの距離が指3本分よりも短ければおでこが狭く、反対に長ければおでこが広いことになります。
自分のおでこの狭さを確認したいときは、額に指3本を当てて長さを測ってみてください♪

おでこが狭い前髪の悩み① 前髪が浮いてしまう

おでこが狭い人が前髪を作ると、額の生え際から髪先までの長さが短いため、どうしても前髪が浮いてしまいがち。
毎朝前髪のセットに時間がかかったり、雨や湿気の多い日だとセットがすぐ崩れたりと、生活の中で前髪が悩みになるときも多いはず。
せっかく可愛い前髪を作っても、すぐに浮くからヘアピンやヘアクリップが手放せないなんて場合も!

おでこが狭い前髪の悩み② 前髪がすぐ顔にかかってしまう

おでこが狭いと、前髪がすぐに伸びて顔にかかってしまうこともあります。
とはいえ、頻繁に美容院に通ったり、前髪だけセルフカットをしたりするのは面倒なので、自然と前髪自体を作らなくなってしまう人もいるのでは?
おでこが狭い人にとっては、前髪を伸ばすことが悩みの種となる場合もあるのです。

おでこが狭い前髪の悩み③ 自分に似合う髪型がわからない

おでこが狭い人の場合、美容院でヘアカタログを見てオーダーしたものの、前髪のバランスが悪く、理想と違う仕上がりになってしまうこともしばしば。
自分に似合う髪型がわからず、新しいヘアスタイルに挑戦できないので、結局いつも同じ髪型になってしまうなんてことも珍しくはないのです。

前髪は”奥から作る”がキーワード

おでこの狭い人が前髪を作るとき、絶対に意識したいポイントが“奥から作る”ということ!

そもそも、おでこが狭く見える原因は、前髪の生え際が顔に近い部分にあるからなのです。
つむじあたりから髪を持ってきてカットすると、前髪に長さが出て、おでこを広く見せることができます♪
おでこの狭い人が前髪を作るときは、この“奥から作る”を意識しながら、美容師さんにカットしてもらうようにしましょう!

では、ポイントを覚えたところでおでこが狭い人に似合う前髪3選をご紹介します♡

おでこが狭いから可愛い「シースルーバング」

流行りのシースルーバングは、おでこが狭い人に似合う前髪のひとつです!

シースルーバングは前髪にすき間を作り、縦ラインを強調できるので、前髪を長く、おでこを広く見せてくれます。
ショートでもロングでも似合うので、「好きなヘアスタイルにシースルーバングを合わせる」と決めておけば、毎回美容室でオーダーに悩む必要もありません。

前髪に軽さが出るので、髪のボリュームの多さに悩み、全体的に重く見えがちな人におすすめです。
抜け感やこなれ感を出したいときにもぴったり♪

ただし、シースルーにしすぎてしまうと隙間からおでこが見え、狭さを強調してしまう可能性もあるので注意しましょう! 

縦長効果の「かきあげバング」

おでこの狭さは隠したいけど、前髪は作りたくない人におすすめなのが、かきあげバングです!

定番であるかきあげバングは、生え際にボリュームをもたせて前髪を立たせることにより、縦長効果を発揮します
縦の長さを強調できると、前髪がなくてもおでこの狭さが目立たなくなるのです。

髪の量が全体的に薄く、ペタっとした印象になりがちな人におすすめです!
トレンドのヘアスタイルであり、一気にアカ抜け感を出せるので大人っぽい雰囲気を楽しめます♪

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

誰でも似合う大人っぽ「ななめバング」

可愛らしさと大人っぽさのどちらも手に入れられるななめバングも、おでこが狭い人に似合う前髪です。

前髪を7:3もしくは8:2で分け、斜めに流すことで、おでこ全体を縦長に見せることができます
前髪の生え際もごまかせるので、おでこの狭さを隠したいときにはぴったり!

ショートに合わせればクールで大人っぽい印象、内巻きロングに合わせればガーリーで可愛らしい印象に。
いろんなヘアスタイルのバリエーションを楽しめますよ♪
髪型や髪色に左右されない前髪を作りたい人におすすめです!

おでこが狭い人の前髪の切り方

おでこが狭くても似合う前髪を3つご紹介しましたが、いざ美容院に行ったとき、オーダーの仕方に悩む場合もあるはず。

そこでここからは、前髪を作るときに押さえておきたい切り方についてご紹介!
前髪をセルフカットするときにも応用できるコツなので、ぜひ覚えておいてくださいね♡

前髪の切り方① 奥から前髪を作る

おでこの狭い人が前髪を作るうえで基本となるのが、奥から前髪を作るということ。
つむじあたりから前髪を作ることで縦長効果が生まれ、おでこが広く見えます。
シースルーバングやかきあげバングをはじめ、どの前髪を作る時にも共通して言えるポイント。
前髪を切るときは奥から作ることを意識するようにしましょう♪

前髪の切り方② ふんわり感を出す

前髪に軽くカールをかけ、ふんわり感を出せる長さに切るのもポイントのひとつです。
前髪にふんわりとしたボリュームが出ると、縦長ラインが強調され、おでこの狭さがカバーできます。
ヘアアイロンやコテで簡単にセットができるので、朝のヘアスタイリングに時間をかけたくない人にもおすすめの切り方です♪

前髪の切り方③ あえて短いオン眉バングにする

おでこの狭い人に似合わないと思われがちなオン眉バングですが、実はおすすめの前髪のひとつなのです!

奥から前髪を作ったうえでオン眉バングにすると、前髪の生え際がごまかせるだけでなく、眉と毛先の間に空間ができます。
そのため縦長効果が出て、おでこの狭さを隠すことができるのです。

こなれ感のあるヘアスタイルでおでこの狭さをごまかしたいときは、あえて短いオン眉バングに挑戦してみましょう♪

前髪あり&なしどっちも似合う!

おでこが狭いと前髪は似合わないと思われがちですが、そんなことはありません。
実はおでこが狭いからこそ、前髪あり&なしどちらのヘアスタイルも似合うのです!
これまで前髪は似合わないと思い込んで、新しいヘアスタイルに挑戦できなかった人は、ぜひこの機会に理想の前髪を作ってみてはいかがでしょうか♡

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント

コスメ・美容
MASHUP(マッシュアップ)