立体小顔が叶う♡コントゥアリングってなに?やり方&おすすめコスメ

コスメ・美容

顔に立体感と小顔効果をもたらしてくれるコントゥアリング。
いまではトレンドのメイク法となっており、専用のコスメもたくさん発売されています!
しかし、「コントゥアリングってなんだろう」「チャレンジしてみたいけど難しそう…」と思われている方も多いのではないでしょうか。
また海外発祥のコントゥアリングですが、日本人には日本人に合うコントゥアリングのやり方があるってご存じですか?
本記事ではコントゥアリング基本のやり方や、おすすめコスメについて紹介していきます。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

コントゥアリングって?

テーブル が含まれている画像 自動的に生成された説明

コントゥアリングとは、ハイライトやシェーディングを使って、顔に小顔効果と立体感を出すメイク術です。

この陰影を入れるメイク方法は海外セレブから発信され、海外のモデルやセレブたちの間で大流行!
日本でもここ数年のトレンドとなっています。

コントゥアは輪郭という意味で「顔に立体感を出したい」「小顔になりたい」など日本人の悩みにもピッタリのメイク術なんです。

またコントゥアリングは従来のメイク方法とは違い、ベースメイクの時点でシェーディングやハイライトを施すので顔の立体感をより強調出来ます。

コントゥアリング基本のやり方

洗面道具がいる 低い精度で自動的に生成された説明

まずはハイライトから。
ハイライトは光の役割があるので顔パーツの高く見せたい部分、Tゾーンや目の下の三角ゾーンなどにのせていきましょう。
つぎにシャープな顔に見せるために顔の輪郭を削るイメージで影となるシェーディングを入れます。
そして仕上げにローライトを入れるのを忘れずに!

入れる順番

  1. 目の下の三角・Tゾーンへのハイライト
  2. 頬骨の下から顎のフェイスラインにかけてシェーディング
  3. ハイライトを入れた部分近くの場所にローライト

ハイライト・シェーディングのコツ

Pixel-Shot / Shutterstock.com

さきほどTゾーンや目の下の三角ゾーンにハイライトを入れると紹介しましたが、ポイントで唇の上・あご先にもハイライトを入れるとより骨格が際立ちます。

シェーディングは細く長く入れればシャープなイメージに、広めに短く入れればふわっとしたナチュラルなイメージに仕上がりますよ。

ノーズシャドウのコツ

New Africa / Shutterstock.com

ノーズシャドウをしっかり入れている海外の方をよく見かけますが、日本人の場合はあまりはっきり入れないほうがベター
小鼻の膨らんでいる部分の上にぼかしながら入れるのが◎

昔のように眉頭から鼻の付け根にノーズシャドウを入れるよりも、今っぽく仕上がるのでおすすめです。

ファンデーションは薄めに

Katerina Morozova / Shutterstock.com

コントゥアリングはクリーム状のアイテムを使用する場合が多いので、ファンデーションは厚塗り感が出ないように薄めに仕上げましょう
肌質によってはファンデーションを塗らずに下地だけでもOK!

またコンシーラーをハイライトとして入れる場合は、目の下の三角ゾーンが一番厚くなるように意識してください。

【顔タイプ別】コントゥアリングテク

屋内, 人, 瓶, 女性 が含まれている画像 自動的に生成された説明

コントゥアリングは顔タイプや悩みに合わせて方法を使い分けることによって効果を発揮します。
そこでここでは、顔の形や悩みに合ったコントゥアリングのテクニックについて紹介していきます。
「自分に合ったコントゥアリングの方法が知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

丸顔が気になるなら

VALUA STUDIO / Shutterstock.com

顔の横幅が目立ちやすい丸顔さんは縦ラインの強調がキーワード

そのためにシェーディングはフェイスラインプラス、こめかみから三角に入れましょう。
ハイライトは目の下とあご先に逆三角形に細長く、鼻筋には広く長く入れると◎
シェーディングは鋭角的に入れることを意識すればシャープな印象に近づきます。

エラが気になるなら

Golubovy / Shutterstock.com

エラ張りさんは角張った印象になりがちなので、シェーディングで丸みを演出しましょう!

シェーディングはエラと髪の毛の生え際左右に入れて丸みをもたせます。
また顔の重心を高く見せるために、おでこの中心にハイライトを入れて存在感を持たせると効果的です。

面長が気になるなら

Lordn / Shutterstock.com

面長さんは縦の長さを減らすようなシェーディングで大人っぽい印象に
おでこのラインとあご先にシェーディングを入れれば、顔が間延びした雰囲気になるのを防ぎます。

ハイライトはおでこには入れず鼻筋とあご先に入れましょう。
目のすぐ下にチークをプラスすることによって、立体感が出て縦の長さが軽減されますよ。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

コントゥアリングにおすすめ!優秀コスメ

屋内, テーブル, 机, カウンター が含まれている画像 自動的に生成された説明

コントゥアリングで使うコスメは、スティックタイプとパウダータイプの2種類があります。
たくさんのメーカーから発売されており「スティックとパウダーのどちらを使えばいいか?」「そもそもどれを選べばいいか?」迷ってしまいますよね。
そんなときはなりたい顔や使いやすさで選ぶとよいでしょう。

ここではコントゥアリングにおすすめのコスメを紹介!
プチプラからデパコスまで幅広くピックアップしています。

おすすめスティックタイプ5選

【RMK】ハイライター グロー スティック

スティックタイプのハイライターでサラッとした付け心地!
スパークリングゴールドの透明感が立体的でツヤっとした肌を演出してくれます。大人の表情に仕上げたいならこちらがおすすめ!

【IPSA(イプサ)】キャッチライトスティック

カラーはイエロー・ピンク・ブルーの3色から。
レフ板効果と肌馴染みにこだわったキャッチライトスティックです!
2層構造になっているハイライトでレフ板効果をもつホワイトと、その人の悩みに合わせたカラーが組み合わさっています。

【ルナソル(LUNASOL)】コントゥアリングスティック

コントゥアリングのシェーディングとして使えるスティックです。
伸びがよく肌馴染みするので、シェーディング初心者の方も使いやすいコントゥアリングスティックとなっています!

【ETUDE (エチュード)】プレイ101スティックデュオ

柔らかいテクスチャーでぼかしやすいのが特徴。
シェーディングが多めに入っているのでたくさん使えていろんなシェーディングに挑戦しやすい!
ハイライトもシェーディングもこれ一本でおまかせのスティックデュオです。
斜めにカットされているので塗りやすいのもポイント。

【セザンヌ】ハイライトスティック  パール入りホワイト

落ちにくいロングキープ処方がされたハイライト!
クリームタイプなので密着し、肌にのせるとサラサラになるのでファンデーションが浮きにくいのが◎
繰り出し式になっているので目元にも使いやすい!

おすすめパウダータイプ5選

【スリー】シマリング グロー デュオ

ハイライトとチークベースがセットになったパレットです。
クリーミーなテクスチャーは肌にのせるとサラッとしたパウダー状に変化します。
チークベースはシェーディングとしても使用可能◎

【Elegance エレガンス】コントゥアリング フェイス

ハイライトとシェーディングがセットになっているので、これひとつでコントゥアリングが完成します。
ハイライトにはエレガンスらしい細かいパールがしっかりと入っており、つやと立体感を肌に与えてくれますよ!

【ローラ メルシエ】マットラディアンスベイクドパウダー ハイライト

日本人に馴染みやすいベージュカラーなので、ハイライト特有の「テカり」を防いで好みのツヤ感に調節できます。
キメの細かいパウダータイプでブラシを使わず指で塗っても綺麗に仕上がる!

【キャンメイク】シェーディングパウダー

ラメやパールが入っていないのでマットな質感に仕上げたい方におすすめ!
カラーが絶妙でプチプラとは思えないシェーディングです。
ブラシが付属しているのでサッと塗れてナチュラルな発色!

【セザンヌ】パールグロウハイライト

神ツヤを叶えるハイライトの秘密は高輝度なパール!
ツヤ感と明るさでくすみやクマも飛ばして、立体的な顔に仕上げます。
パウダーの粉っぽさを抑えながら、しっかりとハイライトを入れたいという方におすすめです。

コントゥアリングで立体的な小顔がつくれる!

人, 花, 持つ, 草 が含まれている画像 自動的に生成された説明

今回はコントゥアリングについて解説しました。
コントゥアリングは顔に陰影を入れることで、立体的な小顔がつくれるメイク術です。
最初は難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません!
本記事で紹介した優秀コスメを使って、ぜひコントゥアリングにチャレンジしてみてくださいね。

アイキャッチ画像 puhhha / Shutterstock.com

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント

コスメ・美容
MASHUP(マッシュアップ)