「目を大きくする方法」を伝授!整形なし◎自分で簡単にできる!

コスメ・美容

顔の印象を大きく変える部分でもある、目。
生まれつき一重や奥二重で、目が小さいことに悩んでいる人も多いはず。
なかには、「整形以外で目を大きくする方法はない」と諦めている人もいるのでは?

しかし、そんなことはありません!実は整形なしでも、目を大きくする方法はたくさんあるのです。
今回は、簡単に目を大きくする方法についてご紹介
目が小さいことに悩み、コンプレックスに感じている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

目が小さく見える原因

目を大きくする方法についてご紹介する前に、まずは、目が小さく見える原因について知っておきましょう♪

目が小さく見える原因① 一重 or 奥二重である

日本人の黒目の大きさは、老若男女問わず、約11~12mmだと言われています。
しかし、一重や奥二重の場合、上まぶたが黒目に覆いかぶさり隠れてしまうので、二重の人よりも黒目が小さく見えてしまうのです。

また、一重や奥二重の人は、二重の人のようにまぶたが重なり合っている部分がないので、目の縦幅が短くなり、目が小さく見えやすいのです。

目が小さく見える原因② 目の周りのむくみ

朝起きたときに目が腫れぼったく、むくんでいるのも、目が小さく見える原因のひとつ。
目の周りは顔のなかでも特に皮膚が薄い部分なので、ちょっとしたむくみでも目立ちやすいのです。

目のむくみの原因には、「運動不測や身体の冷えによる血行不良」、「長時間のスマホやPCの使用」、「睡眠不足」、「塩分やアルコールの摂取」、「まぶたをこする癖」などがあげられます。

目が小さく見える原因③ 目の周りの筋肉の衰えや加齢

目の周りには、まぶたを支えるための筋肉があります。
加齢により筋力が衰えると、この目の周りの筋肉が重力に抵抗できなくなり、まぶたが下がってきます。
まぶたが下がることで黒目が隠れ、目が小さく見えてしまうのです。

目を大きくする方法① アイメイク

簡単に目を大きくする方法のひとつが、アイメイク!
ちょっとしたアイメイクテクを使うだけで、一重や奥二重の目を大きく見せることができるのです♡

目を大きく見せるアイメイク① アイシャドウで立体感を作る

アイシャドウできれいな陰影をつけると、立体感が演出でき、目を大きく見せることができます。

  1. アイホール全体に薄めのベースカラーを乗せ、なじませます。
  2. 上まぶたのキワと下まぶたの目尻から3分の1に、締め色となるカラーを入れます。
  3. 下まぶたの目頭から3分の2に明るめのカラーを入れます。
    細かいラメが入ったカラーがおすすめです。
  4. 最後に黒目のちょうど上に当たる部分にハイライトカラーを入れ、立体感を出します。

②の締め色となるカラーは、二重の人は二重幅に合わせ、一重の人は上まぶたのキワから2~3ミリの太さで入れると、自然な仕上がりになります!

目を大きく見せるアイメイク② 眉は太く短くを意識する

上の画像では同じ大きさの目のイラストを使っていますが、眉が太く短い右側のイラストのほうが、何となく目が大きく見えませんか?
実はこれ、目の錯覚を利用したメイクテクなのです!

細く長い眉よりも、太く短い眉のほうが目が大きく見え、黒目も印象的に映ります。
目を大きく見せたいときは、太く短い眉を意識するようにしましょう。

目を大きく見せるアイメイク③ 涙袋をつくる

目を大きく見せる方法として有名な涙袋。
目元に涙袋があるかないかでは、目の印象も大きく変わってきます。

  1. ピンクやオレンジ系のアイシャドウを下まぶたのキワ全体に入れます。
  2. アイシャドウの下をなぞるように、ブラウン系のアイブロウペンシル、もしくはアイブロウパウダーを引いていきます。(目安としては目頭から半分程度のところまで)
  3. 指や綿棒で軽くぼかしたら完成です。

二重の人は、上まぶたの二重幅に合わせた太さの涙袋を描くと自然に見えます。
反対に一重の人の場合、涙袋を太く描きすぎてしまうと違和感が出るので、下まぶたのキワから2~3ミリの幅を意識しましょう。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

目を大きくする方法② カラコン

「すぐ簡単に目を大きくしたい」という人に打ってつけなのが、カラコン!
簡単に目を大きくする方法を探している方には、黒目を大きく見せるカラコンを使ったテクがおすすめです♡

自分に合うカラコンを選ぶコツ

さまざまなブランドから発売されているカラコンですが、選ぶときにはいくつかのコツがあります。

自分の目に合うサイズを選ぶ

カラコンのサイズが大きければ大きいほど、目も大きく見えそうな気もしますが、実はそうではないのです。
瞳には黄金比率と呼ばれるものがあり、白目と黒目の割合が1:2:1になる比率が、瞳が一番美しく見えると言われています。
カラコンを選ぶときは、この『瞳の黄金比率』に合わせてサイズを選ぶようにしましょう!

瞳の黄金比率の測り方は簡単。
まずは鏡を見ながら目の下に定規を当て、目の横幅を測ります。
測りにくい場合は、スマホのカメラで自撮りすると、しっかり長さがわかります。
あとは比率に合わせて計算するのみ!
目の横幅÷2=自分にピッタリのカラコンの直径サイズです。

フチありかフチなしかを選ぶ

カラコンには、フチあり(レンズの周囲にフチが入ったもの)と、フチなし(レンズの周囲にフチが入っていないもの)があります。
一般的にフチありは、カラコン感が出やすく、黒目をはっきり大きく見せてくれます。
反対にフチなしは、カラー次第ではカラコン着用がバレにくく、自然な仕上がりになります。
自分の好みや理想の目に合わせて、フチの有無を決めましょう。

おすすめのカラコンをご紹介

Anna Alferova / Shutterstock.com

たくさん販売されているカラコンの中でも、特に目が大きく見えるおすすめのカラコンをご紹介していきます。

【エンジェルカラー】お人形さんのような瞳に!

カラコン初心者から上級者まで使える、エンジェルカラーのカラコン。
とにかく種類が豊富なので、お気に入りの一点が見つかるはず!
エンジェルカラーで展開されているカラコンは、直径14mm以上でフチありのものがほとんどなので、目力アップ効果も◎
お人形さんのようなドーリーアイに憧れる人におすすめです!

【トパーズ – TOPARDS】わざとらしくない大人盛れを演出!

さっしーこと、指原莉乃さんプロデュースのトパーズは、直径13.4ミリと、平均的な黒目よりも少し大きいサイズでフチなし。
カラコン独特の着用感が出ず、なじみやすいので、自然な大人盛れを演出できます。目を大きく見せたいけど、わざとらしいカラコンは苦手な人におすすめです!

【レヴィア – ReVIA 1day】憧れのハーフ顔になれる!

タレントのローラさんがイメージモデルを務める、レヴィアは、自然な印象で黒目を大きく見せつつ、さりげなくうるむ瞳を演出してくれます。
UVカットやブルーライトカット効果があるタイプが展開されているのも、うれしいポイント◎
明るめのカラーが豊富なので、ハーフ顔に憧れる人におすすめです!

目を大きくする方法③ マッサージ

目がむくんだり、まぶたが下がったりしている状態は、目が小さく見える原因に!
そんなときはマッサージでほぐしてあげ、目を大きく見せましょう♡

【朝のメイク前に】むくみ解消マッサージ

  1. 人差し指を使って、目の上のくぼみ部分を軽く押します。
  2. そのまま目頭から目尻にかけ、やさしくスライドしていきます。
  3. 下まぶたも同じように目頭から目尻にかけ、やさしくスライドさせながら圧を加えます。
  4. 最後にこめかみをギュッと押せば完了です。

目の周りは皮膚が薄いので力を入れすぎないように注意しましょう!
押すのではなく、なでる感じでマッサージすることがポイントです。
むくみ解消に期待ができるマッサージなので、朝のメイク前におすすめです!

【お風呂やリラックスタイムに】リンパマッサージ

  1. 頭を鷲掴みするように両手を置き、頭頂部からフェイスラインにかけて、ゆっくり指で揉みほぐしていきます。
  2. 次は反対にフェイスラインから頭頂部に向け、引き上げるように頭を揉みほぐしていきます。
  3. 最後にこめかみ部分を回すように指で押しこみ、引き上げたら完了です。

身体中にめぐらされたリンパは、老廃物を運び、むくみを解消してくれます。
目を大きく見せたいときは、リンパの流れを良くするマッサージも効果的なのです。
お風呂のなかでシャンプーをしているときや、リビングでテレビを見ているときなどに“ながらマッサージ”として取り入れてみてください!

目を大きくする方法④ 筋トレ

日々の生活のなかで行う、目の周りの筋トレも、目を大きくする方法のひとつです。
筋力の衰えにより、まぶたが重い印象にならないためにも、筋トレの習慣を意識してみましょう♡

【1日2分でOK】ムンクの叫び筋トレ

  1. 両手を頬に当て、指で額の筋肉が動かないように押さえます。
  2. そのままの状態で大きく口を開けます。イメージとしては、『ムンクの叫び』のような顔!
  3. 目を大きく開き、そのままの状態で10秒キープ。
  4. 次は目を細め、そのままの状態で同じく10秒キープ。
  5. 1分間、この状態で目の開閉を繰り返せば完了です。

この1回1分の筋トレを朝晩行うと、目元の筋トレになります。
筋肉を温めることで、血行も促進されるので、目の周りのむくみ対策にも◎

【すきま時間に】ウインク筋トレ

  1. 両目をギュッと閉じ、そのまま20秒キープします。
    額や眉間にシワが入らないよう意識しましょう。
  2. 片目ずつウインクを20~30回程度繰り返します。
    まぶたを動かすように意識すると効果的です。

日常の中のちょっとしたすきま時間でも、目を大きくするための筋トレはできます。
ふと思いついたときに目を閉じたり、ウインクをしたりして、目の周りの筋肉を鍛えましょう!

目は自分で簡単に大きくできる!

目が小さいことに悩み、コンプレックスを持っていると、おしゃれやメイクが心から楽しめない……。
そんな人こそ、整形なしで目を大きくする方法を試してみてはどうでしょうか?
目は自分で簡単に大きくすることができます!
メイクやカラコン、日々の筋トレなどで憧れの大きい目を手に入れちゃいましょう♪

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント

コスメ・美容
MASHUP(マッシュアップ)