大人気!韓国発「シカクリーム」の使い方とは?ニキビ肌さん必見です♡

コスメ・美容

常に美容の最先端を行く韓国発の、別名「皮膚再生クリーム」とも呼ばれるコスメを知っていますか?
それは「シカクリーム」!
季節の変わり目の寒暖差や、最近欠かせなくなったマスクなどの影響で、特に顔周りの肌にはストレスが多いですよね…。
毎日のスキンケアにシカクリームを取り入れることで、本来の健康的な肌を取り戻せるかも?
今回は、シカクリームの効果的な使い方やおすすめ商品をご紹介します!

⇒ [関連記事]夏おすすめメイク・夏のスキンケアはこれだ!

話題の「シカクリーム」ってなに? 

数年前から、韓国国内で流行しだしたコスメである「シカクリーム」。
もともとは、傷口に貼る皮膚保護のためのシリコンジェルシート「CICA CARE(シカ・ケア)」が名前の由来。
手術後やニキビ跡を目立たなくするために使われていて、韓国の薬局で販売されているものだそうですよ。

シカクリームの代表的な成分といえば「ツボクサエキス」。
ツボクサはハーブの1種で、薬草として治療に使われていた時代もあります。
インドの伝統的な医療行為である「アーユルヴェーダ」では、ツボクサは「若返りのハーブ」として長く使われています。
美肌を手に入れるためには欠かせない成分と言えますね!

シカクリームにはどんな効果がある?

皮膚再生クリーム」とも呼ばれているシカクリームには、さまざまな効果が期待できます。
先ほどもお話しした、シカクリームの主成分ともいえるツボクサエキスには、抗炎症・鎮静作用もあり、すでにトラブルが起きてしまっている肌にも効果的!
荒れて赤みがかっている肌が気になる人にもおすすめです。
シカクリームは低刺激の商品が多いので、敏感肌の人も比較的使いやすいと言われているので安心ですね。

また、ツボクサエキスには高い保湿効果もあります。
肌の水分を逃がさず、乾燥ダメージから守ってくれるのも嬉しいポイント!
美容成分も水分と一緒にしっかり閉じ込めるので、より効果的に肌トラブルにアプローチできます。
その他にも美白効果やしわ・たるみの改善などの効果も期待でき、トラブルを解決しながらトータルケアができるコスメとして人気を博しています。

シカクリームの効果的な使い方・つける順番

せっかく使うなら、一番効果が出やすい使い方をしたい!
とはいえ、特別な使い方をしなくていいのがシカクリーム。
保湿性がとても高いので、いつものスキンケアの最後に塗ればOKなんです。
これは簡単ですね!

量も多くなく、1回の目安はパール粒大。
手の温度であたためて伸ばし、優しく薄く塗れば大丈夫です。
使うクリームによって使用目安は変わるので、それぞれの商品で確認してみてくださいね。
また、もともとの肌質によっても使う量は変わってきます。
乾燥が気になる人はやや多めに、べたつきが気になる人はやや少なめにしても大丈夫なので、自分に合った量を探してみましょう。

シカクリームはニキビ肌にも使えるって本当?

ニキビ肌のケアの基本は「ニキビを刺激しないこと」。
洗顔も優しく、こまめで十分な保湿を続けていく必要があります。
その点、シカクリームは低刺激な上に高い保湿効果があるので、むしろニキビ肌さんにこそ使ってほしいコスメなんです!
ニキビやニキビ跡がある肌には、普段よりも多めに重ね付けしてもOK。
特に夜寝る前にはたっぷり塗って、寝ている間にしっかりケアするのもいいでしょう。

シカクリームは朝と夜で使い分けよう!

GreenArt / Shutterstock.com

同じクリームを朝晩で使うのも問題ありませんが、商品によっては塗り方を少し変えている人も多いようです。
サラっと伸びがいいタイプならいいんですが、もったりとした重めのテクスチャータイプだと、朝のメイクの邪魔になってしまうことも…。
朝はメイク下地として薄めに塗り、夜はフェイスマスク代わりにたっぷり塗って寝るというスタイルが良さそうです。

また、UV効果のあるクリームもあるので、朝のメイク下地をシカクリームに切り替えてしまうのもアリ!
商品によって、様々な使い方ができそうですね。
ブランドによっては、朝用・夜用としっかり分けているものもあるので、よりこだわって使いたい人は探してみましょう。

⇒ [関連記事]夏おすすめメイク・夏のスキンケアはこれだ!

おすすめシカクリーム3選 

おすすめのシカクリームを3つご紹介します!

ドクタージャルト「シカペアクリーム」  

元祖シカクリームといわれる人気のブランドです。
皮膚科医推奨のドクターズコスメで、韓国国内でも信頼が厚いクリーム。
濃縮ツボクサエキスの他、ドクタージャルト独自配合の成分が肌の修復力を高め、健康的な肌が続くように整えます。

こっくりしたクリームですが、伸びがよく少量でも顔全体に塗ることができます。
塗った直後はしっとりする感じですが、時間が経つとサラっとした感触に変化。
べたつきも比較的少ない商品です。
修復力を強化したクリームなので、肌荒れが気になる人におすすめのクリームです。

VTコスメティック「CICAクリーム」

特に保湿力を強化しているシカクリーム。
鎮静+保湿+水分バリア強化」の3本柱で、乾燥して弱くなってしまった肌を守り、うるおいを取り戻す効果が期待できます。
鎮静ケアにはVT独自成分「シカリオ」が大活躍!
敏感になっている肌を鎮めて肌の土台を整え、水分バリア形成をサポートすることで効果を最大限に引き出します。

ジェル状クリームでサラッとした感触で扱いやすく、朝晩のスキンケアの最後に使います。
乾燥肌・敏感肌の人、うるおいをしっかり保ちたい人におすすめのクリームです。

VTコスメティック「CICA デイリースージングマスク」

同じくVTコスメティックから出ている、睡眠中の集中ケア用のスリーピングマスクです。
何といっても、その使いやすさが抜群にいい!
1回分4mlで個包装になっていて計量する手間もなし。
さらに洗い流す手間もないので、お休み前にしっかり塗っておくだけ!
ずぼらさんでもできるケアですね。

もちろん、鎮静力・保湿力も◎
水分クリームとしても使える、べたつきのないサラッとしたジェルクリームで、一晩かけてたっぷり水分チャージができますよ。
ケアにあまり時間をかけたくない人、美肌を維持したい人におすすめです。

クリームだけじゃない!”シカ”アイテム

高い修復力と保湿力を持つ「シカ」の力。
実は、クリーム以外のコスメもたくさんあるんです!
シカクリームを使ってみて効果が実感できた人は、他のシカアイテムも取り入れてライン使いにするのもおすすめ。
1つのブランドでそろえることで、お互いにサポートし合ってより効果的にスキンケアができますよ。

シカ化粧水の特徴と使い方

サラッとした使い心地ですが、スキンケアの最初に肌につけるものだけあって高い保湿力が魅力。
デイリーに使える大容量サイズや、微粒子で肌に浸透するミストタイプなど、ニーズに合わせてさまざまな種類があります。

通常のスキンケア用品としても使えますが、実は他にも裏技が!
洗顔の最後の段階で、水と化粧水を9:1の割合でブレンドしたものですすぐと、洗いあがりがしっとりサッパリ!
さらに、その後コットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、敏感になった肌に乗せておくことで簡単に水分パックができます。
うっかり日焼けしてしまった日や、乾燥が気になる日のちょっとしたケアにいいですね!

シカ乳液の特徴と使い方

Boszyy Artist / Shutterstock.com

保湿ケアに欠かせない乳液にもシカアイテムがあります。
乳液は使用後のべたつきやテカリが気になりますが、シカアイテムは使用感にもとことんこだわっており、使用感の軽さも人気の秘訣。
水分ケアだけでなく、肌のキメを整えたり、ターンオーバーに必要な栄養素を配合しているものが多いのも特徴です。
肌の良い状態をキープするために必要なものがギュッと詰まっています。
化粧水の後に適量取り、優しく塗り広げて使います。

シカマスク(スペシャルケア)の特徴と使い方

じっくり時間をかけて肌に成分を浸透させることができるマスク。
週末のお仕事終わりの夜に、1週間頑張ったご褒美時間にいいですね!
マスクは長く肌につけるものなので、敏感肌だから心配…という人には、ドクターズコスメである「ドクタージャルト」のマスクが安心です。
また、シカシリーズの中でマスクの種類が特に豊富なのが、VTコスメティック
先ほど書いた「VT デイリースージングマスク」の他、クレイ(泥)パックができる「CICA カプセルマスク」、3ステップで集中ケアできるセット商品「CICA 3STEP MASK」など。いろいろ試してみたくなっちゃいますね!

マスクの1回あたりの時間は、平均で15~20分程度。
それ以上つけていると、かえって乾燥が進んでしまいます。
時間を守って使いましょう。
また、商品によって使用頻度が違います。
毎日使えるものから週1回のものまであるので、使う前によく確認してから使うようにしてくださいね。

シカクリームで美肌をゲット♡ 

ストレスの影響を受けやすい肌のコンディション。
気になっていろいろ試してみたけど、なかなか思うようにキレイにならない…。
そんな悩みを持つ人は、一度シカクリームを試してみるのがおすすめ!
朝イチのメイクのノリが違うだけでも、その日1日が楽しくなること間違いなし!
低刺激なのに、高い修復力・保湿力を持つシカクリームで、あなたもストレスに負けない美肌を手に入れてみませんか?

⇒ [関連記事]夏おすすめメイク・夏のスキンケアはこれだ!

こちらもおすすめ▼



0

コメント

コスメ・美容
MASHUP(マッシュアップ)