【いいことだけじゃない⁉】お酒を飲まなくなって起きた変化いろいろ!

ライフスタイル
⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!

めっきりお酒飲まなくなったなぁ…

みなさん最近、お酒飲んでますか?
コロナ禍では「オンライン飲み会」なる言葉もよく耳にしました。
友達に会えず、居酒屋さんは休業、家でのひとり飲みには飽きたし寂しい…。
生粋のお酒好きでのんべえ家系生まれの筆者は、毎日のお酒が楽しみ且つストレス発散だったのですが、コロナ禍の外出自粛をきっかけに自然と飲酒量がほぼゼロになりました!
今回は、お酒を飲まなくなってから起こった変化を個人的なメリット5つとデメリット2つをご紹介します!

【メリット①】お金・時間の節約になる

酒代・おつまみ代がかからなくなりました!
毎日飲んでいたころは、好きなお酒やおつまみを選ぶためにスーパーやネット通販を徘徊していたのですが、その時間が減り、買わなくなることでその分のお金も使わなくなりました。
浮いた分の時間とお金を有意義な使い方ができるように試行錯誤中です!まずは運動かな!

【メリット②】肌・体にいい影響がある

肌がきれいになったような気がします!お酒を飲まなくなってからは、敏感肌がましになり、肌が荒れる回数も減った実感があります。
飲んだ翌日の体のだるくておも~い感じがなくなり、目覚めも良くなりました!塩分の多いおつまみが好きだったのもあり、むくみも以前より軽減されました。
今年の健康診断の数値を見るのが楽しみです!

【メリット③】歯の色が変わりにくい

これは個人差があると思いますが、毎日お酒を飲んでいたころは口の中に食べ物がある時間が多かったせいか、歯の着色が気になっていました。
コーヒーやお茶は今でも毎日飲んでいますが、歯磨きのみでそれほど気にならなくなり、新たに定期的なホワイトニングも始めて口内環境改善を頑張っています!

⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!

【メリット④】家の中がすっきりする

基本的にどんなお酒でも好きなので、冷蔵庫やキッチンに大きな酒瓶や缶、割り物のペットボトルがスペースをとり、おつまみのための場所も常に満員でした。
最近ではそれらの場所に空間ができ、見た目のスペース的にも気持ち的にもすっきりしています。

【メリット⑤】たまにお酒飲むとコスパ◎

自宅ではほぼ飲まなくなったのですが、実家に帰ったときや緊急事態宣言の期間外ではお店でお酒を飲むことがあります。その際に以前より少ない量で酔うようになりました。
飲み放題が苦手なので単品でお酒を頼むのですが、以前はいろいろな種類をたくさん飲みたい!!とあまり味わえていなかったので、結果的においしいお酒を少量たしなめるようになりました!

【デメリット①】お酒の場に行かなくなる

これはメリットもあるのですが、デメリットとしてはお酒の場の楽しい雰囲気が味わえず、そこでの知り合いに会えなくなることで交友関係が狭まるのが少し寂しくもありました。ですが今仲良くしてくれている人をこれまで以上に大事にできるととらえて、コロナが終わって環境に変化があったらまた連絡してみることにします!

【デメリット②】贈り物でお酒をもらったとき悩む

以前だったら飲む一択でしたが全部は気が進まないので、ネットや本で調べたところ飲まずにできるお酒の活用法が見つかりました。料理や美容、掃除や家庭菜園の防虫剤など少し贅沢な使い方ですが、環境保護が叫ばれる最近、資源を無駄にしないという面ではエコにつながる行動なのかもしれません。でも味は気になるのでちょっと飲んじゃう!贈ってくれた人には感謝の気持ちを!

⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!

まとめ

いかがでしたか?頻度は減ってもお酒を飲むのは楽しい!!これからは厳選して楽しくおいしくお酒を楽しみたいです。平和にビアガーデンが開催される世の中が早く戻ってきますように…!

あわせて読みたい

⇒ [関連記事]【厳選!】おうちでできる時間の有効活用!~春編~⇒ [関連記事]梨泰院クラスでSNS話題の”あのお酒”!振り回したらフォトジェニックでびっくり!
0

コメント

ライフスタイル
MASHUP(マッシュアップ)