【高評価】ワンコインで作れる◎送料無料の《TOLOT》でフォトブック作ってみた📕

ライフスタイル

皆さん思い出の写真って現像してアルバムにしたりしますか?

私は都度SNSに記録する人間ですが、思い出の写真をカタチにしたい!という思いから、前から気になっていた《TOLOT》というツールを使いフォトブックを作ってみました♩
スマホで簡単にレイアウトできるのに加え、ワンコインで送料無料!という文言に負かさTOLOTをチョイス。

出来上がったフォトブックは想像を遥かに超えるくらい出来栄えが良く、見るたび”ニンマリ”する毎日です(笑)

あなたも思い出の写真をカタチにしてみてはいかがですか?

《TOLOT》 大切な写真が簡単に一冊の本になる。

TOLOTとは、スマホで簡単にできるフォトブック製作サービスの一つです。
撮り溜めた写真からフォトブック、カレンダー、ポストカードが作成でき、送料込みで500円というお手頃価格で作れちゃいます✨

フォトブックの作り方は簡単◎

お手持ちのスマホに”TOLOT”でインストールし、会員登録した後にやる作業▽

①商品の選択をする

フォトブック・ポストカード・卓上カレンダー・毎月カレンダー・I.D.から選択。
※I.D.とは、写真とQRコードのみ載せるミニマムな名刺。

②作成方法を選ぶ

写真から選ぶ/テンプレートから選ぶ/表紙から選ぶ

・テンプレートには、人気キャラクターがデザインされたものや、手帳・記録日記・プレゼント用などが用意されています。
※表紙やアイテムの編集はできません。

・表紙デザインは200種類以上!表紙は、最初に選んでも後でもどっちでもOK!

③フォトブックのサイズを選ぶ

・A6 63ページ 500円
・B6 24ページ 500円
・B6 64ページ 1,000円

④写真を選択

自分のアルバムの中からお気に入りの写真を選択し、フォトブックの空白を埋めていく。
表紙のタイトル・サブタイトルや、奥付も編集できます◎

⑤プレビュー・注文

実際に見開きでプレビューできるので、ここで最終確認をしよければ注文をします。
支払い方法が豊富なのが嬉しい♩
お届けは、2〜3週間後にゆうメールで届きます◎
詳しくはこちら

届いたフォトブックはこんな感じ!

フォトブックには厚手のビニールカバーがついてきます
ワンコインで作れるから少しチープ感あるんだろうなぁと思っていたけど、全くそんなことはなく全体的にしっかりとした作りで高評価◎

ちなみに今回は、沖縄の思い出をフォトブックに詰め込みました♩
表紙のデザインはお気になさらず!

中表紙・奥付も良い感じ♩

中表紙は、表紙のタイトルが自動的に表示されます。
最後のページには奥付まであるので、自分の本を出版した気分になります♩
リアルな本同様にプロフィールを記載すると面白いですね。

しっかりとした紙質!

ワンコインとは思えないほど、かなりしっかりとしています◎
サラサラとした紙質は、写真がイイ感じに映えます。

お次は、私なりに良いと思った写真のレイアウト方法をお教えします♩

ページ全体を写真にすると雑誌っぽい感じに

ページ全体に写真をバンバン!と配置すると、なんだか雑誌っぽく見えてイイ感じに見えませんか?
解像度高く写真そのままのクオリティで、届いて見た時は驚きました。👀
これはかなり良い!

上下に空白を入れることでアートっぽく。

上下にホワイトスペースを入れることで、アートのようなおしゃれBOOKに♩

結論、横向きに撮った写真はこのようにするしかないので、レイアウトする時に横写真、縦写真をそれぞれ見開きで揃えるだけで、かなりクオリティの高いフォトブックが作れます◎

上下左右に空白を作ると、フィルム写真を現像したかのように✨

右側の写真は、事前に携帯でフィルム写真のように加工を施しサイズを調整しました。
全ページこのスタイルを使うのも悪くないですね。

青系は色が飛ぶので注意

元の写真と比べると結構色が飛んでしまって残念。
元画像の色が濃いほど色飛びするので、写真選択の時には注意が必要だと思われます◎

サンセットの写真は少し色飛んでいますがイイ味が出ているので気に入っています⭐️

色飛び含め味が出るのでそこまで気にしなくて良いと私は思います!
夜景はちょっと注意かも。

終わりに📝

TOLOTを簡単にレビューしてみましたが、いかがでしたか?
作り方も簡単でレイアウト自由なので、自分の思うままのフォトブックができました!
ワンコインでこんなにクオリティの高いものができるなんて正直驚いています。

ちなみに、星の写真以外「iPhone X」で撮影したものです。
一眼レフやフィルムカメラで撮ったものをフォトブックにしたらまた違った世界観が楽しめますね♩
思い出の整理やプレゼント用に、ワンコインで作れる”TOLOT”利用してみてはいかがでしょうか?

0

コメント