ついに科学的においしさが証明!焼くとおいしくて卵黄が多いもの、なーんだ?

icelatte

マヨネーズは焼くとうま味とコクがアップするって知ってましたか?卵黄が多いものほどよりおいしいそのワケとは!

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから

どんな料理にも使える魔法のような調味料でおなじみのマヨネーズ。
「マヨネーズ焼き」などの焼き料理はもちろんのこと、ハンバーグやコロッケなどの隠し味にも大活躍ですよね!
私は最近野菜スティックにハマっているので、よく味噌とマヨネーズを合わせてディップソースを作ってます♪

そんな万能なマヨネーズですが、マヨネーズは実は家でかんたんに作れるって知ってましたか?

【材料】
・卵黄 2個
・塩 小さじ1
・酢 大さじ2
・サラダ油 1カップ

ボウルに卵黄、塩、酢を入れてよく混ぜてから、サラダ油を少しずつ足して混ぜ合わせるだけ!
自宅にあるものだけでかんたんに作れるので、「冷蔵庫にマヨネーズがない!きれた!」という緊急事態の際は、ぜひ自家製マヨネーズづくりに挑戦してみてくださいね♪
(参考:https://www.orangepage.net/recipes/detail_142821)

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから

そんな、万能調味料のマヨネーズ。
そのままかけて食べるよりも、焼いて調理をしたほうがうま味とコクがアップするということが今回キユーピーの研究で証明されました!

マヨネーズを焼いたときの風味変化について機器分析(味認識装置、香気分析)したところ、焼くことによって卵黄に含まれるうま味とコクにつながる香りが増大し、マヨネーズのおいしさがアップすることが科学的に判明。
どうりで、パンや鮭にマヨネーズをかけて焼くとおいしいわけです…!

また、同研究ではマヨネーズに使用される卵黄の量によって風味が変化するかも実験し、卵黄の量が多いほどよりうま味とコクが増大するということもわかりました。

今回の研究でマヨネーズのおいしさは「焼くこと」を科学的に証明することに成功したキユーピーでは、10月19日(月)からマヨネーズを野菜にかけて焼いたメニューを新たに開発し「キユーピー マヨネーズキッチン」でレシピを公開しています。

特集 旬の野菜を、マヨネーズ焼きでたのしもう。トースターで作る野菜のごちそう。 | キユーピー マヨネーズキッチン
野菜を並べて、マヨネーズをかけ、トースターで焼くだけで、じゅわっと濃くなるマヨネーズのうま味。こんがりジューシーマヨネーズ焼きレシピをご紹介します。


同ページでは「ブロッコリーとじゃがいもとゆで卵のマヨネーズ焼き」「じゃがいもとトマトとツナのマヨネーズ焼き」などのほか、オーブントースターでかんたんにできる鮭のマヨネーズ焼きなどのつくり方を紹介しています。
一部レシピには手順を解説した動画もありますよ!

どのレシピも耐熱皿に並べてマヨネーズをかけて焼くだけなので、今日の夕飯に困ったら参考にしてみてください♪

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから
0

コメント