ダイエット中なら〇〇一択?ダイエット中に【OKなお酒/NGなお酒】をご紹介!

グルメ・レシピ

「ダイエット中でもお酒は飲み続けたい!」そんなお酒好き女子に朗報です。実はダイエット中でも、お酒のチョイスさえ注意すればお酒を飲んで大丈夫なのです!そこで今回はダイエット中に飲んでいいお酒と、NGなお酒についてそれぞれご紹介していきます♪

⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!

お酒を飲むと痩せにくい?

お酒を飲むと太るといわれている原因は、大きく分けて4つです。

1つ目は糖質。

ビールや甘いカクテルには糖質がかなりの量含まれています。しかし、糖質量の多いお酒は太りやすいですが、糖質量の少ないお酒を飲めばこの懸念はなくなります。

2つ目はおつまみのカロリー。

お酒のつまみになるものは、揚げ物や、味の濃いものなど、カロリーが高いものが多いです。お酒自体にカロリーが少なくても、一緒に食べるもののカロリーが高いため、お酒を飲むと太りやすくなります。

しかし、これもおつまみを冷やしトマトや枝豆など、カロリーの低いものに置き換えれば懸念がなくなりますね。

3つ目はむくみです。

お酒を飲むと、むくみが生じます。

これは、血液中のアルコール濃度が高くなると、血液中の水分の処理が間に合わなくなるためです。

ただし飲み過ぎに注意すれば、むくみも最小限で抑えることができるので、こちらも意識すれば大丈夫でしょう。

4つ目は眠りの質の低下です。

お酒を飲んですぐ寝ると、寝ているために体がアルコール分解をするため、きちんと休まることができず、眠りの質が浅くなります。

お酒を飲む時には寝る2~3時間前に適量を飲むよう工夫するようにしましょう。

以上がお酒が太ると言われている4つの理由です。

しかし全て、飲み過ぎや飲む時間、飲むお酒のチョイスを工夫すれば、懸念がクリアになります!

そこでここからはどのお酒なら飲んでいいのか、また反対にどのお酒は飲んではいけないのか、についてそれぞれご紹介していきます♪

⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!

ダイエット中ならこれを飲もう◎【OKお酒】

まずは鉄則をご紹介します。

①糖質量が少ない蒸留酒を飲みましょう。

例えば、ウイスキー/ウォッカ/ジム/ラムなどがオススメです!

②割ものに注意しましょう。

糖質の少ない蒸留酒でも、それをオレンジジュースやジンジャーエールで割ってしまっては意味がありません!炭酸水や水で割ったり、ロックで飲むようにしましょう。

これを踏まえた上で、ダイエット中に特にお勧めのお酒をご紹介します!

・生レモンサワー

・ハイボール

・焼酎

・ウォッカ

・ジン

・糖質オフのお酒

生レモンサワーは、糖度の少ないレモンを使用しているためOKです。

また、今はコンビニやスーパーに数多くの糖質オフのお酒が売っています。

どうしてもビールやカクテルが飲みたい時は、糖質オフされているものを選ぶようにしましょう!

ダイエット中ならこれはNG!【NGお酒】

続いてダイエット中にNGなお酒についてご紹介します。

・ビール

・カクテル

・梅酒

・白ワイン

・日本酒

どれも共通するのが「糖質量が高い」ことです。

ダイエット中だからと食事で糖質制限をしても、これらのお酒を飲んでしまってはあまり意味がありません!

ダイエット中はこれらのお酒は避けて、先ほど紹介したお酒に置き換えて過ごすように工夫しましょう♪

チョイス次第でダイエット中でもお酒が飲める♡

ダイエット中でもお酒のチョイス次第で、飲酒可能なことがわかりました!

ダイエットの一番の敵は「ストレス」です。

好きなものは我慢しすぎず、ダイエット中もストレスフリーに生活できるように意識しましょう♡

⇒ [関連記事]今からでも遅くない!夏までに-3キロ!編集部おすすめダイエット特集!
0

コメント

グルメ・レシピ
MASHUP(マッシュアップ)