【日本初】食べることで社会貢献できる!?『食べる理由があるチョコレート』🍫

グルメ・レシピ

今回は食品ロスに削減に注力している”ロスゼロ”の
食べるだけで社会貢献になるという素敵なチョコレートをご紹介します♪

Re;You(りゆう)。食べる理由があるチョコレートをあなたに

ブランド名は Re;You(りゆう)。食べる理由があるチョコレートをあなたに、という意味が込められていて、パッケージは美しいピンクにカカオの実をあしらったバレンタインにぴったりなデザインになっています♡
美しさを重視したビジュアルにこだわり、食品ロスや環境問題を消費者に押し付けることなく、「可愛い、美味しそう」というポジティブな感情で選んでもらうことを意識されたんだとか。

箱を開くと、Re;Youチョコレートの仕組みが中に記載されており、さりげなく消費者にコンセプトの理解をしてもらえるような設計になっています。
環境に配慮し、ゴミが出にくいたシンプルなパッケージを採用することでコストダウンに成功されています…!

■販売方法 オンライン ※今後百貨店などで展開予定あり。
■販売開始 1月27日
■価格   ネット限定価格
(1)具材あり2枚(ルビー・ダーク)セット3,000円 送料、税込
https://www.losszero.jp/shopdetail/000000000226
(2)板チョコ4枚(ルビー・ダーク)セット3,000円 送料、税込
https://www.losszero.jp/shopdetail/000000000227

チョコレートについて

ルビー・ダークの二種類とも、Finest Belgian Chocolate発祥の地、ベルギーの中心部にあるバリー・カレボー社のものを使用。
同社のチョコレートは、最高級の原料だけにこだわり、バランスのとれたカカオビター風味で人気があります✨
ルビーチョコレートは、ダーク・ミルク・ホワイトに続く「第4のチョコ」と言われ、カレボー社が発見から10年以上かけて完成させたものです!
ダークチョコレートの産地はアフリカのサントメ。ハイカカオ(カカオ分70%)のクーベルチュールです😌

チョコレートと具材は、在庫余剰になったものを優先的に採用

材料を余すことなく使い切るために、ルビー・ダークともに 同じトッピング材料を採用されています。
今後は製造時期にあわせて余った材料で作るため、チョコレートもトッピングも変化していきます♪食べるたびにトッピングが変わるので見ても食べても楽しいですね!

食品ロスの削減を、2つの面からアプローチ。

⇒ おすすめ【2021最速】今年のバレンタインは◯◯◯!編集部オススメ11選

食品ロスを減らすアプローチには2種類あり、
一つ目は「発生しないよう防ぐ」、二つ目は「出たものを有効活用する」ことです。
ロスゼロはこれまで、製造・流通で発生した食品ロスの削減に注力してきており、上記二つのうち「発生した食品ロスのシェアリング」サービスの提供をしています。

今回は、未利用の原材料を製品化し、直接消費者に届けることにより「食品廃棄を減らし、ロスを未然に防ぐ」という一つ目のソリューションに着目!これにより「発生を未然に防ぎ、発生すればシェアリングする」という両輪からのアプローチが可能となりました。

どう日本初なのか?

「サステナブルなチョコレート」は各メーカーが取り組みはじめています。他企業が取り組むのはチョコレートのフードサプライチェーンの最も川上、つまりアフリカ等の産地のカカオ農家の支援。教育や労働環境やフェアトレード取引の改善などがあります。

ロスゼロの着目点は、世界のカカオ産地やベルギーから日本に輸入されたあと。日本のチョコレート市場は年間5500億円。パティシエやメーカーが作る(仕入れる)需要にあわせて日本に輸入されますが、大きな市場を支えるために用意された材料の中には、賞味期限を残したまま残るものがあります。川上でこだわったチョコレートであっても、国内に輸入されたのちに余ってしまうのはもったいない!そのチョコレート材料をオリジナルで製品化し、DtoCで消費者にダイレクトに届けるのは、ロスゼロが初なのです!!!

『ロスゼロ』サービス概要

2018年4月より、「もったいない、を次の笑顔へ」をミッションとし、未利用原料や未利用食品を消費者につなぐことで食品ロスを削減するフードシェアリングサービスを提供しています。製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐBtoCのほか、自ら未利用の原材料を使ってオリジナルの「アップサイクル食品」を製造し、DtoCを行います。
作り手のブランド棄損を起こさないよう、ロスの理由や作り手の思いをHPやイベントで丁寧に顧客に伝え、もったいないものをポジティブに消費してもらう「エシカル消費」を社会に提案します。
他にも、規格外食材を積極的に使った食堂イベント「ロスゼロ食堂」を不定期開催するほか、食品ロスや環境に関する情報コンテンツを高校・大学生と共に作るなど人材育成にも注力しています。
2020年10月、「ブランド食品を定価で販売する」百貨店とともに、食品ロス削減を目的としたSDGsイベントを店内で開催。大手百貨店と食品ロス削減ベンチャーの画期的なコラボレーションとして大いに注目を集めました。

大阪府「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業。
2020年「食品産業もったいない大賞」審査委員長賞受賞。
東大阪市と包括連携協定を締結、
市の窓口を通じて子供食堂や福祉施設を支援。

食品ロス・フードロスをゼロへ|【通販】 ロスゼロ - みんなが笑顔になれて、おいしく社会貢献!【公式オンラインショップ】
食品ロス・フードロスを削減し、笑顔の連鎖へ…ロスゼロは、規格外となり破棄されてしまう食品を買取(買い取り)・販売することで「みんなが笑顔になれる社会づくり」を目指すロスゼロプロジェクトのオンラインショップです。ロスゼロでは、SDGsの理念に沿った社会を支援・応援しています。コロナ禍で発生した食品ロス・フードロス削減にも...

終わりに📝

ロスゼロの『食べる理由があるチョコレート Re;You(りゆう)。』いかがでしたか?
食品ロスや環境問題を押し付けることなく設計されたパッケージなので気楽に手に取れるのも魅力的で、廃棄される材料を余すことなく使うためにトッピングが毎回変わるのも楽しみの一つですね♪ぜひ、お試しください!

⇒ おすすめ【2021最速】今年のバレンタインは◯◯◯!編集部オススメ11選


こちらもオススメです😌

0

コメント

グルメ・レシピ
MASHUP(マッシュアップ)