【ダイエッター必見】たったの91kcal◎夜食を我慢せずに食べれる『22時のカレー』?

グルメ・レシピ

夜の”夜食”我慢していませんか?
夜ご飯を食べ終えて22時を回ると小腹が空いてつい、お菓子をつまんでしまうはいじ です。
今回はMakuakeで応援購入をした、夜食に罪悪感なく食べれる『22時のカレー』を
紹介・レビューしていきます✨

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから

22時のカレー -よるくち-

22時のカレー -よるくち-は、
スパイス、ハーブの知識だけでなく、漢方医学や栄養学などの知識を取り入れて完成された心と身体を整えるクラフトカレーです。
癒しの香りを引き立てるために4種類のハーブとオレンジが組み合わせられていて、夜遅くにカレーを食べても91kcal(1袋120gあたり)という低カロリーで罪悪感なく食べることができます◎

パッケージは本のような見た目で、捨てずに取っておきたくなる可愛さです✨
来年1月には一般販売が公開されるので是非、チェックしてみてくださいね♪

https://slowlyyummysleepy.jp

22時のカレーは、夜遅くに小腹が空いた時や仕事で疲れた時、カロリーが気になって食べるのを悩んだ時にぴったりのカレー。

小腹が空いてお菓子を食べてしまう…そんな夜に食べたいですね✨

22時に食べる『22時のカレー』

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから

早速、小腹が空く22時に『22時のカレー』を食べてみました♪

レトルトカレーなので湯煎か電子レンジで温めることできます◎
湯煎→熱湯の中に入れて約5分加熱。
電子レンジ→耐熱容器に移しラップをかけて500wで約2分加熱。(600wで約1分)

加熱が終わったらマグカップに入れて『食べるスープ』のようにして食べるのがオススメなのだそうです✨

ということで早速マグカップに入れてみました!

ハーブとスパイスの良い香りで、それだけでとてもリラックスできます♪
普通のレトルトカレーが180~200g入っているのに比べ『22時のカレー』は120gと少なめ、
とろみはなく完全にスープカレーです◎

食べてみると、
一口目はハーブが効いたやさしい味のカレーで、食べ進めるとスパイスのピリッとした辛さを感じます。辛さもやさしめで香りのよいハーブがアクセントとなって美味しいです✨

スープカレーですが、チキンやじゃがいもがゴロっと入っているので食べ応えがあり、スパイや生姜の食感も楽しめます!
爽やかなハーブの香りでリラックスしつつ、食べてもほっこりカラダが温まり、
小腹満たしには丁度良い量でした♪

アレンジもできちゃう◎

スープだけでは足りない!という方はサラダやご飯と一緒に食べることもできます。
さらに美味しくいただけるアレンジもあるそうで、
爽やかでスッキリとした後味が好みなら生オレンジを少量絞って
まろやかな味が好みなら半熟のゆで卵や卵黄を加えると優しい味わいになるそうですよ✨

終わりに?

夜食を我慢せずに食べれる『22時のカレー』いかがでしたか?
小腹が空くとついお菓子を食べてしまい、翌朝に後悔することがありますが、
これはそんな悩みを解決してくれるカレーです♪
低カロリーながら味も美味しく、スパイスとハーブのリラックスできる香りに癒されました✨
一般販売は2021年1月公開です!22時のカレー以外の商品も今後増やすそうなので
ぜひ、注目してみてくださいね?

⇒ おすすめ『2020秋冬の激ウマ!お取り寄せグルメ11選』はこちらから


0

コメント

グルメ・レシピ
MASHUP(マッシュアップ)