クリスマス用品ですが……小さな子供の学習にもぴったり

グルメ・レシピ

クリスマスが近くなってきました。クリスマスになれば、子供たちのお楽しみはプレゼント。しかし、うちの甥っ子は「サンタクロースはクリスマスの時にしか来ないんだよ」といっても、なかなか理解できないようで、サンタクロースがやって来ないことを今から気に病んでいます。

⇒[関連記事] まだ間に合う!【ふるさと納税2020】オトクで美味しいおすすめ返礼品はこれだ!編集部オススメ11選

どうしたらクリスマスまで待つということができるのかなと思って探したのがこちら!カルディのチョコカレンダーです。さて、それではさっそくうちの甥っ子の様子をご紹介します。

チョコカレンダーの中身はこんな感じ

今回利用したのはカルディのチョコカレンダーでヨゼフ・ラダデザインのもの。いろんな種類のものがカルディにはありますが、お手軽な価格だったのでこちらをチョイス。プレゼントしたのが早かったということもあって、甥っ子はカレンダーの意味を全く理解せず、全部の数字を開けてしまいました。

せっかくなので中身を公開。実はこんな感じにコイン型のチョコレートが並んでいます。日付の順番に並べてみましたが、全部模様が違っていて、毎日ちょっとした楽しみにできそうですね。

数字がわかるようになった!

仕方がないので、もう1回買いなおして、次からは12月1日からスタートできるように、日付に合わせてその日付の数字が書かれている箇所を1か所だけ開けるということを教えました。

見てください。このカレンダー、ちょっと数字の並びが面白くて、規則正しく並んでいるわけではないんですよ。数字を追っていくと、外周を開けてから中を開けることになります。だから、小さな子供は少し頭を使いそうですね。

毎日1か所だけ間違えずに開ける必要があるので、甥っ子は毎日全集中してその1か所を開けています。開けた先にはご褒美が! とはいえ、たとえ間違えてもご褒美が入っているので問題ではありますが。

⇒[関連記事] まだ間に合う!【ふるさと納税2020】オトクで美味しいおすすめ返礼品はこれだ!編集部オススメ11選

時間の経過がわかるようになった!

さて、このカレンダーが全部開いた時にサンタクロースが来ると話した時、うちの甥っ子は初めて時間的な概念がわかったようです。みんな同じ時期にサンタクロースが来ることがわかったみたいで、あと何日で来るというようなことをいうようになりました。時間的な概念も遊びながら学ぶようですね。後ろには塗り絵もあって、心待ちに待つこともできそうですね。

ちょっとずつ楽しみを味わうことを知った!

最初はカレンダーのチョコレートを全部食べちゃった甥っ子。もともとあればあるだけ食べてしまうような子だったのですが、今回のチョコカレンダーではそれができないルールを課しました。今まで、ルールを守るということができない子でしたが、今回はチョコカレンダーを通して、どうやら毎日1つだけ食べる楽しみを知ったよう。今のところ、ルールは守られています。

まとめ

カルディのヨゼフ・ラダデザインのチョコカレンダーは324円でした。このお値段で、1か月は遊べて、これだけ子供に学習させることができたのはびっくりです。学習教材としてもおすすめですよ。

⇒[関連記事] まだ間に合う!【ふるさと納税2020】オトクで美味しいおすすめ返礼品はこれだ!編集部オススメ11選
0

コメント

グルメ・レシピ
MASHUP(マッシュアップ)