【グラスに注ぐと…青い?!】インパクト抜群な地ビールを飲んでみよう!

グルメ・レシピ

北海道網走市にある網走ビールにて作られた発泡酒「流氷DRAFT」。爽やかなのはパッケージだけじゃない!噂の青いビールを飲んでみました!

⇒ おすすめ!『グルメ・レシピ・スイーツ関連情報』はこちらから

流氷DRAFT-流氷ドラフト-

網走の冬の風物詩「流氷」をイメージして作られたという流氷ドラフトは

真っ青な見た目だけでなく、流氷を仕込み水に使用しているそうです。

実際にグラスに注いでみると…青い!!!

光にかざすともっと薄く、きれいな青ですが、見た目からはどんな味なのか想像できません…!(^^; ちなみに、この綺麗な青は、天然色素の「クチナシ」によって付けられているそう。安心の色味ですね!

そして気になるのは、そのお味という事で、おそるおそる飲んでみましたが…おいしい!!!

スッキリとした味で、あまり苦みが無く、ビール独特の苦みが苦手な方でもゴクゴク飲めてしまうと思います♪ どことなく甘みも感じました。

こちらは、缶ビールの他にも、瓶ビールも販売されており、北海道以外にも東京や埼玉、神奈川のどさんこプラザで購入する事が出来ます。

⇒ おすすめ!『グルメ・レシピ・スイーツ関連情報』はこちらから

カラフルなビールが沢山!網走ビール

今回ご紹介した、流氷DRAFTの他にも、網走ビールでは様々なカラービールを販売しています。

世界遺産知床の大自然を表現したグリーンビールの「知床ビール」や、網走産サクランボを原材料とした赤いビール「桜桃の雫」

現在は期間限定で、「オホーツク流氷塩レモン(ノーマル&なまらすっパー)」が登場しているという事で、これらも一緒に飲み比べしてみると面白いかもしれませんね!

北海道 網走地ビール の網走ビール株式会社|トップページ
流氷を仕込み水に用いた発泡酒「流氷DRAFT(ドラフト)」や、はまなすの実を使用した発泡酒「はまなすDRAFT(ドラフト)」を製造、販売する網走ビール株式会社

北海道網走市

北海道の北東沿岸に位置し、オホーツク海に面する網走市。  

札幌市からは、休憩を挟まず高速道路を車で5時間15分程の距離ですが、新千歳空港→女満別空港間は飛行機で約1時間、女満別空港から網走市までは車で30分程と、移動時間をぐっと短くする事も可能です。

ざんぎや海鮮といったグルメをはじめ、流氷DRAFTのモチーフとなったオホーツク海の流氷や、網走監獄といった観光地も多く、見どころ満載の場所です。

⇒ おすすめ!『グルメ・レシピ・スイーツ関連情報』はこちらから
0

コメント