【簡単テク】無駄なく食べれる!パイナップルの切り方から保存方法を伝授

グルメ・レシピ

南国気分が味わえるフルーツと言ったら「パイナップル」
芳醇な香りが魅力的!そんな甘くて美味しいパイナップルの果肉を、無駄なく食べれるパイナップルの切り方と保存方法をまとめてご紹介します◎とっても簡単なのでぜひお試しください♩

パイナップルの切り方次第!果肉を残さず食べる簡単テクニック▽

今回ご紹介するのは、パイナップルの葉っぱをもぎ取るテクニックです!
購入してすぐにカットする時に、とってもオススメな方法ですので覚えておくと便利です◎
※買ってすぐに食べない方は、記事最後の保存方法をご参考ください。

包丁いらず?手で出来る!パイナップルの切り方

①パイナップルを用意。

②パイナップルの葉っぱ部分をタオルで巻き、ペットボトルの蓋を開ける要領でひねる。
 女性でも簡単にもぎ取ることができました!?

③写真のように葉っぱ部分が綺麗に取れます!✨

④縦に半分にカットする。

⑤さらに半分にカットして、1/8にする。

⑥芯をカットする。
 まな板に寝かせてカットするでもOK!

⑦パイナップルのおしりからナイフを入れて、前後に動かしながらカットする。

-? ポイント?-
パイナップルの一番甘い部分はおしり部分です!
続いて真ん中→頭の順にどんどん糖度が下がっていきます。
カットする際は、おしり部分の果肉を切り落としすぎないように注意です?

⑧食べやすい大きさに切ったら、出来上がり

パイナップルのお洒落な切り方・器の紹介▽

パイナップルは、大きさがあり映えるフルーツとして人気ですね。切り方次第で、まるでプロが切ったようなお洒落フルーツに大変身しちゃいます♩おすすめの切り方と切り方に合わせた器をご紹介します。

<大胆◎皮が器に大変身!>
パイナップルを縦半分に切り(ヘタが残るように切るとよりフォトジェニックに◎)、中身を包丁で切り抜きます。包丁で切り抜いたら、スクエアにカットし、先ほどの切り抜いた皮の中に入れるだけ!皮を器代わりに使用できるので、洗い物の手間もかからず、プロのような写真映えする盛り付けが可能です。お洒落で物要らずなので、誰でも実践できるおすすめの切り方です。

<パイナップルの定番!輪切り>
パイナップルの皮を包丁でカットしたら、横に寝かせ、好みの厚さにカット。あとは、クッキーを切り抜く丸型で中央を切り取れば、輪切りの完成!お料理をワンランク上に見せてくれる、ポイントとしても追加しやすい切り方です。

[冷蔵・冷凍]パイナップルの保存方法▽

パイナップルはバナナやりんごとは違い追熟しないので、購入したら新鮮なうちに食べるようにしましょう。
※店頭に並べられている時点でパイナップルは熟しています。

冷蔵保存▽
フリーザーバッグに:パイナップルの葉を1cmほど残してカットし、冷蔵庫の野菜室で3〜4日。
カットした場合:カットした場合表面から劣化が進むので密着ラップ必須。冷蔵庫で2〜3日。

冷凍保存▽
カットしたパイナップルをフリーザーバッグに平に並べ、冷凍する。1ヶ月程度保存可能◎

パイナップルを使ったオススメレシピ3選

<アレンジ様々!ひんやりパインスティック>
パイナップルをスティック状に切り、棒に刺すだけ◎冷凍庫で凍らせて食べるとシャリシャリした食感が楽しめたり、ジュースの氷代わりにカップに入れてフォトジェニックなドリンクを楽しめたりと可能性が無限大!切り方のみで楽しめるレシピです。

<ホットケーキミックスで作れるパイナップルケーキ>
ホットケーキミックス・卵・牛乳・油とパイナップルで作れるケーキ。炊飯器で作る方も多いようです。混ぜ合わせて焼き上げるだけなので、初心者の方にもおすすめできます。

<小松菜とパイナップルのスムージ>
実際に作ってみたスムージーもご紹介しています。小松菜ベースですが、トロピカルフルーツたっぷり入っているので飲みやすくさっぱりとした味わいでおすすめです♩

終わりに?

パイナップルの葉っぱをもぎ取るという斬新なテクニックはいかがでしたか?
初めてパイナップルを丸ごと切る方も簡単に出来るテクニックです!追熟しないのが特徴のパイナップルを一番美味しい状態で食べたいなら、購入した時がベスト◎食べない場合は冷蔵庫で保存してくださいね。

おうち時間が増えた今、お洒落な切り方でフォトジェニックなおうちカフェが充実すること間違いなし!糖度の高いおしり部分も無駄なくカットし、ジューシーなパイナップルを存分に堪能しみてはいかがでしょうか?
ぜひ、お試しください☀️

【ふるさと納税】【TADAO GOLD】3玉 2020年6月頃〜順次発送予定〜
価格:20000円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

0

コメント

グルメ・レシピ
MASHUP(マッシュアップ)