【ヘルシー朝食】ビタミン・ミネラルたっぷり◎アボカドトーストの美味しい食べ方🥑

グルメ・レシピ

アボカド好きで冷蔵庫にはストックが4〜5個は入れています。はいじです!
今回は、栄養豊富なアボカドを半分使った《アボカドトースト》をご紹介します♩
これまでホットサンドにしてみたり、チーズ・ハムと一緒に食べたりしましたが、シンプルが一番です◎
また、どんなパンが一番合うかも研究してみたのでぜひ参考にしてみてください〜!

アボカドトースト

アボカドの平均的なカロリーは1つ250キロカロリー》

アボカドは「森のバター」と言われるほどその栄養価は高く、セレブの間では朝食にアボカドトーストにして食べるのが流行っています◎
栄養素には、冷え性改善や美肌、アンチエイジングに効果的なビタミンEや、脂肪の燃焼をサポートしてくれるビタミンB2、むくみ解消に効果的なカリウムなどが豊富に含まれています!

果肉の20%が脂質と言われるアボカド。
食べ過ぎはダメですが、脂質に含まれるオレイン酸は、体にたまりにくく悪玉コレステロールを減らす効果があるので、1日半分を目安に食べましょう!

アボカドの種、捨てないで!

毎回捨てる種も積極的に活用◎
実はアボカドの種には、70%もの栄養が含まれているんです!
お茶にしたりローストにして本来なら捨てる種の栄養も体に取り入れてみましょう✨

食べる以外にも、アボカドを種から育ててみましょう♡
成長するとパキラのような大きな葉をつけるので、お部屋の観葉植物にもなります!
育て方の手順はこちら▽

基本のアボカドトースト レシピ

《 レシピ 》

・アボカド 半分
・パン (カンパーニュ) 
・レモン果汁(ポッカレモン可) 適量
・ブラックペッパー 適量
・塩 適量

①パンをあらかじめトーストしておく。

②アボカドは切った瞬間から酸化が始まるので、半分取り出したら残りは密着ラップをして冷蔵庫へ。アボカドは、1cm〜角くらいにカットする。(大雑把で大丈夫です◎)

③パンを取り出し、カットしたアボカドをナイフで潰しながらパンにのせていく。

④レモン果汁・ブラックペッパー・塩をかけて完成。
(レモン果汁・塩は多めにすると美味しいです!)

アボカドトーストが一番美味しく食べれるパン!

今回、食パン・カンパーニュ・イングリッシュマフィンの3種類でアボカドトースト作りましたが、結論から言うと《カンパーニュ》がベストです◎
水分量が多いアボカドを、食パン・イングリッシュマフィンにのせるとせっかくトーストしたパンのサクサク食感が損なわれてしまうからです。

カンパーニュでなくてもハード系のものであれば美味しくいただけるかと思います!
表面サクサク中もっちりのカンパーニュは、柔らかいアボカドと食感の相性抜群◎

3種類のパンでアボカドトースト▽

悪くなないのですがアボカドの水分でべちゃっとした食感に(泣)
食パン・イングリッシュマフィンを使うなら、いつもよりもトースト時間を長くしてみてください!

カンパーニュ

カンパーニュで作るアボカドトーストは冷めても美味しいんです◎
飽きず毎週1回〜は食べるくらいオススメなので是非お試しください⭐️
タイムやパプリカパウダーをのせてるといつもとは違った美味しさが味わえるのでお好みでアレンジしてみてください✨

終わりに📝

豊富な栄養素と良質な脂質を含んだアボカドを取り入れて、健康的な朝をスタートしてみませんか?
アボカドトーストはいろんなレシピがあると思いますが、シンプルが一番ですよ!
アボカド半分使っていますが、レモン果汁がアクセントになるのでサッパリといただけます◎
ちなみに、パンにのりきれなかったアボカドはそのままお塩で食べています✨
種も最大限に活用してアボカドのある生活初めてみませんか?🌱

0

コメント