気温22度は何着ればいい?服装選びのポイント&おすすめコーデ♡

ファッション

「気温22度」の日。何を着る?何を着ればいい?
猛暑や極寒ならまだ服装は決めやすいけど、気温22度と聞いてもいまいちピンとこない。
今回は服装に迷いやすい気温「22度」にスポットを当てて、1日快適に過ごせるレディースコーデのスタイルポイントをご紹介したいと思います。

⇒ [関連記事]見逃し厳禁!秋冬に持ちたいハイブランドおすすめアイテム5選

気温22度ってどんな日?

1年のうちで気温22度が多い季節は、春と秋です。
季節の変わり目に多い気温22度の体感は、日向では暖かく過ごしやすいく、日が沈み夕方以降になると肌寒く感じます。

春や秋は、寒暖差があり、服装を決めるには最も悩みやすい季節でもあります。
しかし、春と秋では同じ22度でも体感気温が違うので、服装で温度調整し体調を崩さないように注意が必要です。

では、なぜ同じ気温22度なのに体感気温に差が出るのはなぜでしょう?

体感温度の違い「体の慣れ

理由のひとつとして、「体の慣れ」があります。

冬から春に季節が移行していく時の体は、真冬の寒さに体は慣れています。
日々温度が上がっていく中での22度は、日差しが出ればポカポカと暖かくて気持ちいい陽気に感じられますね。

また秋の22度は、猛暑の夏の暑さに体が慣れているので、季節が秋へと進み、気温が下がってくる時は涼しく過ごしやすいと感じるのです。

体感温度の違い「湿度」

そして、もうひとつの理由には「湿度」が関係しています。

人は湿度が高いと暑く感じるようになります。
湿度は梅雨前から高くなり始め、夏には気温の高さとジメジメとした湿気が合わさった空気で不快感が増します。

春から夏は湿度が高くなりますが、秋から冬には低くなるので同じ22度であっても体感気温に差が出てくるのです。

最高・最低気温で違う!服装選びのポイント

天気予報でよく見る、最高気温と最低気温
この最低気温は0時から9時。つまり、最低気温とは当日の朝の時を指します。
そして、最高気温は9時から18時まで。当日の日中を指しています。

最低・最高気温とでは温度差(日較差)があるので、朝は過ごしやすいと思っていても、体を動かしているうちに暑く感じて不快感が増す場合があるので注意が必要です。

1日快適に過ごすために、温度調節ができる服装を選ぶ必要があります。

最高気温22度の日は?

最高気温22度になる日は、4月下旬や10月下旬あたりが多く、その日の最低気温は10~15度と朝晩は肌寒くなります
日中は、日差しが当たればポカポカとして暑すぎない気温で気持ちいい陽気です。

とはいえ、寒暖差を考えると、半袖のみでは風邪をひきかねません。
カーディガンやトレンチコートなどのライトアウターのような羽織れるアイテムが活躍します。

最適な素材には外気温の影響を受けにくいものを

日中は薄手の長袖であれば1枚で快適に過ごせるでしょう。
ですが、朝晩の肌寒さを考えると体温を逃がさない服装を意識することが大切です。

最高気温22度のオススメ素材

Lubsan / Shutterstock.com
  • ウール
  • 綿フランネル
  • 薄手の裏起毛やスウェット
  • コーデュロイ  など

保温性に優れ吸湿性に優れた素材を選べば、日中は1枚で快適に、朝晩は体を冷やすことなく過ごせます。
真冬のような厚手な素材ではなく、薄手の暖かい素材をアウターに取り入れ、寒暖差に備えた服装を意識することで体調管理もできます。

⇒ [関連記事]見逃し厳禁!秋冬に持ちたいハイブランドおすすめアイテム5選

最低気温22度の日は?

最低気温22度になる日は、7月上旬ごろと9月上旬ごろに多い気温です。
日中は最高気温30度超えになることもあります。

朝晩は比較的過ごしやすく肌寒さを感じることもありますが、日中には湿度が高さと気温で汗ばんだ暑さに感じます。
体感では不快感を感じ、熱がこもりやすいので温度調節ができるアイテムを着用して体調を崩さないように注意しましょう。

また、室内では空調を利用し体の冷えにもちゅいが必要。
室内と外気温の寒暖差を思慮して、インナーは夏服をベースにアンサンブルや薄手のカーディガン、夏素材のジャケットなどをプラスすることをオススメします。

最低気温22度のオススメ素材

goldnetz / Shutterstock.com
  • リネンコットン
  • レーヨン
  • メッシュ生地 等

通気性が良く吸収性が優れている素材を選べば、湿度の不快感や汗ばんで衣類が汗でべたつくことも防ぐことができます。
サラッと羽織れて落ち運んでもシワにりにくい素材も◎

【シーン別】22度の日に大活躍アイテム

迷いやすい雨の日や、肌寒い夜など転校によっても服装は左右されます。
また、室内で1日過ごす場合は室内と外気との寒暖差に影響されないように注意しなければなりません。
そんな時に適したアイテムをご紹介します。

雨には薄手のジャケットやパーカーを

雨の日は実際の気温より体感温度は低く感じます。
晴れや曇りの日より、若干暖かい素材やアイテムを意識して選び、寒暖差に対応した服装を選びがコツです。

雨の日に活躍するアイテムは、薄手素材のジャケットやパーカー、カーディガンがオススメ。
足元はレインブーツをチョイスするなら、軽やかなワンピースやスカートでおしゃれを楽しんで。
憂鬱になりがちな雨もキレイ色なアイテムやデザインで気分をあげましょ♪

夜の肌寒さにはトレンチコートやデニムジャケットを

日中暑くて半袖をインナーに選んでいる場合は、夜はトレンチコートやジャケット、デニムジャケット、薄手ニットのカーディガンなど羽織れるアイテムが活躍します。
ハリ感のあるアウターの時は、インナーを半袖やブラウスをチョイスすると蒸れずにすみます。

アウター持ちたくない時は、長袖ニットやカットソーなどを着用し、夜の肌寒さにはストールなどの小物を使って冷えないように対策しましょう。

オフィスではカーディガンや夏素材のジャケットを

室内で過ごす日には、薄手の長袖ニット一枚だけでも快適に過ごせますが、オフィスの空調が肌寒いと感じる時も多いはず。

アンサンブルやカーディガン、夏素材のジャケットが最適です。
仕事ではジャケットを常時着用の場合には、インナーは半袖にして暑さがこもらないようにすれば快適に過ごせます。

【季節別】22度の日のおすすめコーデ

同じ気温22度であっても、季節によってカラーや素材を変えるとよりおしゃれが楽しめますよ。
ここでは季節別におすすめのアイテムをご紹介していきます。

春の22度の服装

暖かい日差しで丁度いい気温の春の日中は、長袖ブラウスやワンピース、薄手のカットソーなどのインナーで過ごせます。
朝晩の肌寒さを思慮して、デニムジャケットやカーディガンなどで調整しましょう。

また、春は春カラーを取り入れて季節感をだしたいものです。
白×ネイビーの知的な組み合わせカラーや、パステルカラーを取り入れて春の雰囲気をまといましょう。

夏の22度の服装

初夏を感じる22度は、夏本番ほどの暑さではないものの湿度が高く、ジメジメした暑さ感じます。

インナーは夏同様の服装を選び、空調や紫外線対策としても、羽織れるものをプラスしましょう。
素材は透け感のあるシアーな素材やリネン素材、とろみ素材で季節感を出してみて。

秋の22度の服装

秋口の22度の気温は、夜になると肌寒く冷え込む日もあります。

冬服を着るには早い季節なので、寒さを感じた時にすぐに羽織れるジャケットやパーカー、ライトアウターなどで防寒対策できるようにしましょう。

秋口には、深みのある色を取り入れて秋らしさを演出するのもいいですね。

気温に合わせて快適&おしゃれに過ごそう

難しい22度という気温も、天候や季節で体感温度は違います。
迷いがちな服装も、必須アイテムを知れば全身コーディネートしやすくなりますよね。
体感温度を服装で上手く調節できるように羽織れるアイテムや小物があると便利です。
寒暖差に気を付けながら、快適なおしゃれを楽しんでみてくださいね♪

アイキャッチ画像 Viktoria Minkova / Shutterstock.com

⇒ [関連記事]見逃し厳禁!秋冬に持ちたいハイブランドおすすめアイテム5選

こちらもおすすめ▼

0

コメント

ファッション
MASHUP(マッシュアップ)