ジブリの夏といえばこれでしょ♡アイスを頬張りながら観たい【映画】厳選5作☆

エンタメ・アプリ

ジブリ映画はどの作品も夢と愛がつまっていますよね☆実は意外と知られていない(?!)夏の季節を描いた作品をご紹介いたします♬

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

思い出のマーニー

『思い出のマーニー』における最大のポイントは、何と言っても
湿っ地屋敷に住む不思議な少女、マーニーの存在。

物語の始まりは主人公である杏奈が、幼少期の深い傷から内気な
性格となり心を閉ざしてしまいます。ついには身体も悲鳴を上げ
持病の喘息が悪化。そんな杏奈を心配した養父母は、夏休みの間
療養を兼ねて親戚の暮らす街へ預けることに。
そこで長い金髪と青く澄んだ瞳が印象的な少女マーニーと出会い
、二人は夜だけに合う秘密の友達として幾つもの時を過ごします。

自然豊かな環境の中、現実か夢なのか分からない不思議な体験と
養父母やマーニーの偽りなき愛に触れることで、本来の素直で明
るい自分を取り戻していく杏奈・・・。
人と人でしか生み出すことのできない優しさを感じるとともに、
驚きの真実に思わず涙する物語です。

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

耳をすませば

この物語の主人公である月島雫は、本と読書が大好きな中学生。
とある夏の日。雫の運命を変える一人の少年と出会います。
その彼は雫がひそかに思いを巡らせていた人物、あの図書貸し
出しカードに書かれていた『天沢聖司 』その本人だったのです。

最初の出会いこそ、『嫌なヤツ(`´)』という展開ですが、
道に迷ったきっかけから地球屋と出会い、 そこで改めて聖司
という人間の本来の姿を目のあたりにすることとなります。

有意義な時間を過ごし、雫の中で夢への決意がみなぎったの
でしょう。最初の頃の憂鬱そうな退屈そうな曇った表情から
一変、キラキラと輝く自信に満ち溢れた表情に。
バイオリン職人を目指し奮闘する彼の生き方に、雫は次第に
尊敬や憧れ、淡い恋心を寄せていくのです・・・。

ラストのプロポーズシーンは何度観てもきゅんきゅん
しますよね(*’ω’*)♡どこまでも純粋でピュアな青春
ラブストーリーにあなたもきっと癒されるはず☆

ちなみにジブリ作品『猫の恩返し』でのバロン登場に、
あれ(; ・`д・´)?と思った方は多いのではないでしょうか。
それもそのはず。猫の恩返しは耳をすませばのスピンオフで
あり、月島雫が書いた小説の物語という設定になっているの
です!!気になった方はぜひぜひチェックしてみてくださいね☆

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

となりのトトロ

大学で考古学を研究する学者のお父さん、小学6年生の姉サツキ、
4歳の妹メイの三人が引っ越してきたのは、母が入院する療養所
にほど近い自然豊かな農村。ある日二人はお家の庭で、後にメイ
が命名する『まっくろくろすけ』と出会う。小さな黒いお化けは
子供にしか見ることができないのだそう。
まっくろくろすけを追いかけたサツキとメイは、いつの間にか不
思議な森へと迷い込む。目の前に現れたのはぐっすりと眠る巨大
なお化け(?!)トトロだった。

思い出しながら書いてみたのですが、こんな出来事が本当にあっ
たとしたら、どんなに楽しくどんなに色鮮やかな日々なのだろう
とワクワクが止まりませんでした(*´▽`*)

『となりのトトロ』を観て感じたこと。それは子供のように常に
素直に生きること。透き通る水のようにきれいな心でいること。
それこそが、奇跡を起こし目には見えない素晴らしき何かを授か
る”みちしるべ”なのかもしれません☆

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しを観て、ボロ泣きしたのはもぐみだけでしょうか。
リンや釜爺の見返りを求めない勇気と愛情。強く優しい銭婆が千尋
とハクを正しい道に導く姿。そしてハクがにぎったおむすびを千尋
が大泣きして食べるシーン。いろんな感情がこみあげてきて、これ
にはまいりました( ;∀;)

大切な人を守るため自分の命も顧みず、 どんな困難へも立ち向か
う千尋やハクの勇敢さとその強い意志を目のあたりにし、自分も
そんな人間でありたいと感じました。≪作品だと思うことなかれ》
ですね。

引っ越しの道中に道に迷い、たどり着いた先は不思議でなんとも嫌
な感じのする世界の入り口。そして、千尋たちが元通りの姿となり
このトンネルを抜け、ついた先は同じようでも同じではない世界の
出口。それぞれのトンネルは運命を表しており、自分次第で何度で
も何回でもやり直せるんだよ。変えられるんだよ。と伝えてくれて
いるような、そんな気がしてなりません。

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

魔女の宅急便

13歳の魔女キキは、一族の掟に従い黒猫のジジと共に修業の旅
に出ます。海辺の大きな街でグーチョキパン店のオソノさんと出
会い、パン屋さんで配達のお仕事をしながら修業をすることとな
りました。

最初の配達から大ピンチのキキ。心無いお客様に対して傷つき怒
りを覚えることもありました。うまくいかず自信を失うこともあ
りました。ホウキが折れたことで魔法が使えなくなり、ジジと会
話をすることも、空を自由に飛ぶこともできなくなりました。
それでもキキは諦めず修業に励みます。
しかしある事件がきっかけで、キキが本物の魔女となる・・?!

今でも印象的なのは、奥様が孫のためにニシンのパイを作り、
それをキキが薪に火をつけ焼くシーン。その後の展開には正直
イラっとしましたが(`´)あの言葉は正直さと素直さゆえに
出た言葉であり、またキキも仕事としてお金をいただいている
以上、耐えなければいけないある意味の修業なのかもしれませ
ん。

現実世界でも十分にあり得る展開なだけに、”働くという事は
そういう事だ”と。”たとえ理不尽なことがあってもグッとこら
えなければいけないこともあるんだよ”と。魔女の宅急便という
作品を通じてそう私たちに教えているような気がしますね。
どこまでも意味深い作品です。

さいごに

7月ということで。夏本番を前にジブリの夏といえば
これでしょ!!というべき映画をご紹介しました♬
アイスでも頬張りながら、おうち時間を楽しみましょう☆

合わせて読みたい!

⇒ まるで天使のような歌声♡復活を願う声が続出!!今後大注目のミュージシャン☆【かわいえいじ】の魅力に迫る!!⇒ 迷える大人にこそ観てほしい!!何度でも何回でも観直したくなる【日本の名作ドラマ】3選☆
0

コメント

エンタメ・アプリ
MASHUP(マッシュアップ)