スパソニ2020 出演アーティストについて語る①

エンタメ・アプリ
Christian Bertrand / Shutterstock.com

サマソニの代わりとして立ち上がったフェス、スーパーソニック(通称スパソニ)の出演アーティストがついに公開されましたね!
今をときめくビルボード常連の若者アーティストから、時代を作った大御所まで豪華なラインナップ!
SNSでの反響もよく、初開催となるスパソニも大盛況が期待できますね!

豪華な出演者陣の中でもひときわ注目度が高いのは、やはりイギリス出身のthe 1975ではないでしょうか。

2002年に高校の同級生で結成されたバンドで、2012年に初のラジオオンエア。
ラジオオンエアを皮切りに規模はどんどん拡大し、2013年のデビューアルバム「the 1975」はUKチャートトップを記録。
ティーン世代の支持が多いバンド故に、キャリアも浅いと思われがちなthe 1975。
しかし実際のところ、2002年の結成からデビューアルバムまでに約10年間と、少なからず下積みをしてきたバンドです。

そのため彼らの作風は普通のポップバンドとは一切異なり、キャッチーさを感じさせながらも様々なジャンルをオーバークロスさせた、非常に質の高い作品に仕上がっています。

まずはこちらを聴いていただきましょう。

The 1975 – Robbers (Official Video) (Explicit)

ニューウェイブ、ドリームポップ、インディーロックの雰囲気を感じさせつつ、頭に残るサビのメロディー。
まさに彼ららしい一曲ではないでしょうか?

続いてはこの曲!

The 1975 – Sincerity Is Scary (Official Video)

2018年に発表されたアルバム「ネット上の人間関係についての簡単な調査」のリード曲です!
こちらは先ほど紹介した曲と打って変わって、よりポップでハッピーな印象の曲。
フラッシュモブ的のようなMVと、気取らない絶妙なファッションにも注目してみてください。

続いてはこちら。

The 1975 – TOOTIMETOOTIMETOOTIME

こちらも印象がガラッと変わり、四つ打ちのトラックとオートチューンをかけたボーカルが特徴。
様々なアプローチで楽曲制作している彼らですが、どの曲にも一貫してポップさが潜んでいるというのが聴きやすさの原因ではないでしょうか?

今回は簡単にthe 1975について紹介させていただきましたが、彼らの魅力はとてもこの記事だけで説明しきれるものではありません。

コロナウイルスの影響で外出がしづらい今。
来たる九月のスパソニに向けて、the 1975を是非聴いてみてはいかがでしょうか?

0

コメント